Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
ぼくある最終回 :: 2006/12/20(Wed)

毎週毎週泣かせられました。
友に、どこどこで泣いたでしょ?と毎週必ず突っ込まれていました。
私の泣きポイントを探しながらドラマを見てるからおかげでこっちは全然泣けなかったとぼやかれました。
そんなの知ったことか?と思いました。

それと今日、最終回当日になって、我が社のボスもぼくあるにはまっていたことが判明しました。
ラジオからディアウマが流れてきた時、
「○○さん、今日の10時からの、観てる?」
と突然聞かれてビックリしました。
ディアウマからぼくあるを連想できたボスをちょっとだけ尊敬してしまいました。
「毎回泣きながら観てるんだよ」
と言ってました。
「今日最終回なんだよね。寂しいね」
とも言ってました。
お昼休みにテレビで見た「いいとも」にカリナちゃん(漢字めんどい)が出ていたよ、と教えてくれました。
番宣ですね、と私は言いました。
「草なぎ剛は出てませんでしたか?」
と聞いたら、
「草なぎくんは出てなかったけどかとりしんごが出てたよ」
と言っていました。
「え、それ、中居くんじゃないですか?」
と聞いたら、ちょっと考えて、やっぱり、
「いや、あれはかとりしんごだった」
と言い張っていました。
どうしようかと思いました。
あれは慎吾ちゃんじゃなくて中居くんなんですよとどうしても強く言うことができませんでした。
「昨日スマスマ見たから誰が誰だかごっちゃになってるんだよー」
って言ってましたけど、え?普通「スマスマ見たら」見分けがつくもんなんじゃないんですか?

でも、その話の流れで、「武士の一分」も観たいよね、と言ってました。
ディアウマからぼくある、そして、「武士の一分」。
いいですよ。流れ、間違ってませんよ、ボス。
でも、かとりしんごとなかいまさひろは見分けがつきませんか?スマスマ見ても?



…と、あれ?ボスの話はどうでもいい。ぼくある最終回。
鳶を見付けてゴールそっちのけになってしまったテルに参りました。
シナリオ通りには行かないテルくんの歩く道。
最終回でもこれです。
やれやれです。
でも、お母さんは「待ちましょう」と言いました。
その言葉が重く私の心に突き刺さりました。
せかせか生きなくていいんだ、もっとゆっくり生きよう、歩いていこう、とちょっとだけ思いました。
  1. Drama
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<節目 :: top :: いい距離感>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tirutin.blog3.fc2.com/tb.php/791-41fba708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。