Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
「新選組!」カテゴリを作るか(今更?) :: 2005/11/08(Tue)

4594604242TVnavi特別編集 「新選組!! 土方歳三最期の一日」 メイキング&ビジュアル完全ガイドブック
扶桑社 2005-12-16

by G-Tools

わわわわっ買わないと!
「山本耕史の 副長!ちょっと休憩」も入れてくれるなんて、遅れてはまった者にはなんてありがたい。

「新選組!」はvol.7まで観ました。ちょうど中盤ですね。
6、7と一気に借りたら、あれよあれよと言う間に新見さん切腹、そして、芹沢鴨暗殺へと至り、山場続きで大変でした。
次が観たくて観たくて、寝る間も惜しんで観てしまいましたよ。
母いわく、「アンタ、寝てるか新選組観てるかどっちかだね」と(笑)
いや~でも面白い。
その時その時ではまる人って言うのが私にはありまして、はまったらその人について語りたくてしょうがなくて、まあ、そのはけ口になってしまってるのは母親なんですけど…(笑)
最初の頃はずっとつねちゃん語りをしていました。
あの子はエライ!と。
旦那サマの行く末を心配しつつも心から尊敬し支えるつねちゃんが可愛くて可愛くて。
婚礼の時は最高でしたね。
ずっとお人形さんのように頭を下げたまま何にもしゃべらず、育ちが良いだけのただのお嬢さんかのように見せかけておいて、いやいや違う、その実しっかり肝が据わった女性で。
逃亡中のオダジョ(斎藤さん)をかくまう件ではつねちゃんの一声が決めてでしたね。
「その方は主人の友人です!」
全然しゃべらなかったお嬢さんが初めてしゃべったのがこの言葉ですもの。
もう、つねちゃんラブですよ~。すってき~(はぁと)

そして、次にはまったのが芹沢鴨。
この人がまたなんとも魅力的で、これは芹沢鴨贔屓だと言う三谷さんが書いたゆえなのか、はたまた演じる役者佐藤浩市がいいからなのか、ここにきて鈴木京香演じるお梅さん共々最期が訪れるのがこんなに辛いとは自分でもビックリでした。
新選組を題材にしたメディアを観るのはこれが初めてなので、当然、芹沢鴨と言う人物を歴代の役者さんがどんなふうに演じてきたかは解りませんが、でも、こんなふうに、人間味たっぷりに描かれる芹沢鴨は初めてなのではないでしょうか。

以下。芹沢鴨の(私にとっての)名場面
■壬生浪士組結成はじめに裏切り行為があった時、芹沢はその人物を殺めます。
どうしてやった?と問い詰める近藤勇に彼は、今にも泣き出しそうな表情で、
「お前がまた騙されていると思ったんだよ…」
と言います。
この時の表情がねー。母性本能をくすぐる顔と言いますか。
父親に褒めてもらいたい一心でやった行為が逆に叱られる結果となってしまった子供のように。
いつも大きな態度の芹沢が、この時初めて自分の弱さを露呈してしまったような気がして、この場面で一気に芹沢ファンになりました。
■見世物小屋にお梅さんと総司くんとオウムを見に行った時のこと。
この時の芹沢鴨も印象的。
オウムごときに「アホウ」と言われて殺気立つ芹沢が痛々しい。
何をそんなにビクついているのよ~?
と、またまたこの時の芹沢を見て「大丈夫だから」と抱き締めてあげたくなりました。
■又三郎(この人の最期も哀しかったな…)を切った時も。
酔った又三郎がつまづいて提灯が足元に転がり、それに腹を立てた芹沢。
これも、ただただ、彼が小心者ゆえ、一瞬のささいなアクシンデントにさえもビクついて、思わず手が出てしまったように思えて、哀しくて哀しくて。
この人は、これまでもたくさんの人間を切ってきた人なんでしょうけど、そのどの殺傷行為も、同じように、弱さから出た行為なんではないかな、って思ったりもします。
■あと、新見が切腹させられた時も。
「次は俺の番だ」
と泣き笑いのような表情でお梅さんに告げる芹沢が痛々しかったです。
この芹沢鴨には惚れてしまいそう。
誰のものにもならないと決めていたお梅さんだって、一緒のお墓に入りたいとまで思ってしまいますよ。

まだまだ他にもたっくさんあるー。
もう一回観たい場面がたくさんー。
ああ、やっぱりDVD買っちゃおうかなあーーーーーーー(悩)


と思うところをとりあえずは抑えて(笑)今晩またツタヤに。
うまく借りられればvol.8。後半戦の始まり。
まずは池田屋事件からですよー。
「よっ待たせたな」のトシさんにいよいよはまっちゃうんでしょうか、私(予感あり)
それとも斎藤ハジメちゃんでしょうか!(今のところ芹沢次点候補はハジメちゃん)
  1. 新選組!
  2. | trackback:1
  3. | comment:2
<<新選組!の女たち :: top :: M不足>>


comment

はじめまして

こんばんは。ちはやと申します。
こっそりお邪魔して読ませてもらっていました。
私も新選組!を今になってまた見直しています。
bearさんの熱が伝わります。
TBは出来たようですが、記事へのリンクがエラーになります。すみません。
  1. 2005/11/12(Sat) 01:33:26 |
  2. URL |
  3. ちはや #
  4. [ 編集 ]

はじめまして~

ちはやさん、こんにちは、はじめまして。
コメント&TB、ありがとうございます。
嬉しいです。同じように新選組!を語っていらっしゃる方と、今この時期に知り合うことができて。
本放送時にはまって、リアルタイムで皆さんの感想を聞けたらどんなに良かったか、
と悔やんでも悔やみきれません。
なんと言っても、公式HPが消えてしまっているのは痛い。
ああ、何もかも遅すぎたーと大後悔している最中でありまして。
なので、ありとあらゆる新選組!関連のサイトやblogを見付けては日夜通っております。
ちはやさんのblogにも、すみません、これから通わせていただきます(笑)ので、よろしくお願いします。
  1. 2005/11/12(Sat) 13:58:06 |
  2. URL |
  3. bear #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tirutin.blog3.fc2.com/tb.php/483-9c6c1c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

みたび新選組!

相変わらず「新選組」関連の本を読んでおりますが、それと平行して「新選組!」も見ています(また!?)3周り目ともなると、今まで気付かなかった細かいところにも目がいって、ますます面白い!ほんとに面白い!だけど辛さ哀しさも増しますね・・・後のことがわかる
  1. 2005/11/12(Sat) 01:16:16 |
  2. さんぷる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。