Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
SMAPLIVE in 国立(3日)~その1~ :: 2005/09/04(Sun)

行ってきました。2年ぶりに、あの幸せな空間へ。
国立3日参戦してまいりました。
一日経って、今、残っているのは、かすかな筋肉痛と、楽しかった気持ちのみ。
これが初日で同時に楽日でもあるのに、でも、終わってしまった切ない気持ちとかは一切ないです。なんでだろ?ただ単にまだ東京ドーム参戦を諦め切れてないだけか。まだ終わる気がないのか(笑)
いや、でも昨日行ってみて改めて思いました。「チケット、無理だ…」と。
現地で当日チケ激求のカードを持った方の多いこと多いこと。
行く道行く道ギッシリ埋め尽くされていましたよ。
今回ほどダフ屋が目立たないなあ…と思ったジャニコンはなかったですよ(笑)
私も一緒になって、「東京ドームチケ求む」カードを持って立ちたかったですよ(笑)

国立競技場。
コンコースからゲートをのぞいてステージが見えた時の第一印象は、意外にも「近い」と言うものでした。
8万人と聞いていたので、どれだけバカデカイんだろうとドキドキしていましたから。
私が座った席は11ゲートの後段、ぐぐぐーーーんと階段を登ったあたりで、とーっても見晴らしが良かったです(笑)
炎天下の中、汗ビッショリになりながらようやくグッズを買い求め、席に落ち着いたのが、あんなに早めに到着したはずがどうして、結局開始時間の数十分前。
ずいぶんと果てしない旅だったものだと友と労をねぎらい、ようやく一息つけたそんな時に、夏の終わりの風がすーっと通り抜け、沈む寸前の太陽が優しく光を照らすあの光景は、なんとも言えないものでした。
ああ、SMAPのコンサートに来たんだ。あの宮城オーラスから2年ぶりに、またあの空間へ。
と、涙が出そうになりました。
スマさんたちも最初の個々のコールで、
「待たせてゴメンね!」とか「待っててくれてありがとう!」
そう言ってくれてましたね。
本当に、待ってたんだよー。長かったよー2年は。


では、レポには程遠い自分の覚え書をいくつか書きます。

OPENINGはネタバレ済みだったので、ずっと真下(バクステ側なので)を見てました。
友はネタバレしてないので登場の仕方も教えてくれるなと言うんで教えなかったんですが、でも、もう、視線でバレバレですね(笑)
て言うか、私だけじゃなくその近辺の人たち、開始のサイン(音が止む)と同時に一斉に"そこ"を凝視してざわめいてましたもん。私は悪くないよね~。…って、ゴメンね~友よ(笑)
と言う訳で、バックステージ後ろの入り口からSMAPさん、海賊風な姿で登場。
ええと、すみません。まあ、ネタばれしていたのがいけないんでしょうが、とっても地味~な登場の仕方に思えるんですが、私だけですかね(笑)
ゴロさんの花束が妙に印象的でしたけれども。白いバラの花束よね。中居さんは持てないわ(ナゼ)

一曲目はバンバカ。
一気に盛り上がりましたーバンバカ大好きー!
あ、そういうふうに合いの手打つんだ、って、ライブ行って周り見て学習。簡単だね。私、銃を打つ方向まで覚えていったんですけど(笑)最初はこっちにバンバンバン。そして次はあっちにバンバンバンてさ。
あと、24時間テレビで見たあのチュー事件。
って、あのー。ライブでは恒例行事だったんですか?…てのを発見(笑)
ぶっちゅーしてましたよ。ふっつーに。たっくんが慎吾ちゃんに。
ブラウン管通してもぶっ倒れてたのに、ましてや生ですもんね~。「ひょぇ~~~いやだよぉお前さんたち」って見てる私が赤面しのけぞってたら、周りの人たち普通にスルーしていらっしゃる。え、この光景はすまぷーさんたちには当たり前のもの?いちいち反応する必要もないくらい日常茶飯的なこと?
…いや、それってどうよ。メンバーがメンバーにキスするのが当たり前でありファン公認でもあるグループSMAP。す、素晴らしい。私はまだまだ修行が足りん。


長いので~その2~に続く。
  1. SMAP
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<SMAPLIVE in 国立(3日)~その2~ :: top :: ひと駅歩こう>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tirutin.blog3.fc2.com/tb.php/423-cd5cfa88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。