Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
深紅 :: 2005/08/13(Sat)

4062739178深紅
野沢 尚
講談社 2003-12

by G-Tools

野沢尚著「深紅」、もうすぐ公開だそうで。
公式サイトがあると知り、早速見に行きました。
被害者の娘と加害者の娘、それぞれの配役。
内山理奈ちゃんに水川あさみちゃん。
へ~イメージにピッタリ~!!!
って珍しく配役にビビビときて嬉しがってたら、
そういえば、配役は既に分かった上で読んでいたのを忘れていました(笑)
いや~、大昔に読んだのですっかり忘れてたよ。
そうよね。これが普通よね。
映画化が決まって、配役ももちろん分かっていて、一騒ぎ二騒ぎして、
それで、公開は、忘れた頃、なんだよね…。
そうだそうだ。普通は、そうなんだ。
映画化されると知らされてから実際の公開までって、それくらい、思わず忘れてしまうくらいの長い期間がかけられるのが普通なんだよね。
やっぱり、アレが異常だったんだ。
アレ…。ああ、もちろん、「電車男」…ね(笑)
早かったね~。あっという間だったものね~。
映画化されるって聞いて撮影が始まって終わって編集が始まって終わって、
で、即!公開!
あ、ありえない…(笑)
んなありえない超特急公開だったものだから、大事な大事な、宣伝PRと言うものがほんのおしるし程度だったのよ。
なのに、よくもまあまあ、あんなに立派な成績あげちゃってー。
改めて、本当に、関係する皆々様、ごくろうさまでございましたー。

それにしても、これ読んだのっていつだ?
歯医者通いしてる頃(っていつだよ)、待ってる時間これを読んでたんだよねー。
あの時は、水川あさみにここまで反応しなかったのになあ。
水川あさみに反応するのは、もちろんLLLのかおるだから。
もう、山田孝之共演者は他人と思えない私(いや、しっかり他人だから)
あの頃はまだ山田孝之のやの字もなかったんだなあ…と、またまた感慨にふけってみたり(笑)
  1. Book
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<スマステ~♪ :: top :: 後段て>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tirutin.blog3.fc2.com/tb.php/399-c630b1d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。