Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
ラブ・ストーリーは突然に :: 2005/06/12(Sun)

B0007WG6C2H2 ~君といた日々 DVD-BOX
山田孝之 あだち充 石原さとみ 田中幸太朗
メディアファクトリー 2005-06-10

by G-Tools

特典映像はとりあえず置いておいて。
まずは、2話よ、2話。
そう、2話を見ていなかったのよ、私。
ええ、H2は見続ける予定はなかったのよ。
見ないこと決定で、2話は捨てたのよ。
けど、あの日、あの時、
時間が空いたから、と、することもないので録り溜めしておいたドラマでも見るか、
と、ふと手に取ったビデオテープにH2が入っていなければ。
せっかく録ったんだからせん別代わりに1話だけでも見てやるとするか~しょうがない~
ってな、軽~い気持ちで見ることがなかったら。
今の私はいなかったのネ。
人生って、本当に、瞬間瞬間で道が大きくズレ(?)ますね。

あの日あの時あの場所で君に会えなかったら
僕らはいつまでも見知らぬ二人のまま~♪

(『ラブ・ストーリーは突然に』作詞小田和正より一部引用)

ということで、2話、2話。
アタマと心は未だ電車くんに持っていかれてしまっているので、
まさかもう比呂にはときめかないと思っていたのに、あ~らま~。
手遅れだよ。お前に投げる楽しさ覚えちまった。

くーーー。これかあ。2話はこの名文句があったのかあ。
ふぅ…。またまた比呂にときめいちまったよ。
大好きな原作国見比呂の名台詞を山田孝之が音声にして表すと何故か全部ど真ん中ストライクにはまってしまうんだよなあ。
大好きな国見比呂を、もっと好きになってしまうんだよ。
なんでかねえ。やっぱり、演技が上手い、んでしょうか、あの人。
それはそうなんでしょうけど、なんか、悔しい。
そんなひと言で片付けてしまったらもったいないくらい、
あの人は、私の大好きな国見比呂そのものになってくれました。


特典映像も、途中からどっぷりはまった私にとっては嬉しい限り。
これは、買い、でしょう、やっぱり。
が、あの、隠し映像だけは、どうも解せません(笑)
アレにはなんの意味があるんでしょ?
あの隠し映像を5巻分合わせると何か暗号が浮き上がってくるとか、もしやそんなトリックが?(ない)
  1. H2
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<え~ん :: top :: Photo3>>


comment

報告

こんばんわ、スマスマの前にきました。   「H2」名文句沢山ありますよね。私も国見比呂が大好きです。はぁと                私は1話を見てません。2話からのデビューでございます。DVDは夏の甲子園が始まる頃ゲットしよう思ってます。(笑)
  1. 2005/06/13(Mon) 21:21:04 |
  2. URL |
  3. フック #
  4. [ 編集 ]

直太朗オモロかった

こんばんは。スマスマの後に来ました。
直太朗、面白かったネ。
それにしても、中居さんのあのスーパーサイヤ人みたいな頭と黒いお顔はイッタイ…。
アレが今年のうちわになるんでしょか(笑)

国見比呂、ラブですよラブ。
山田孝之が国見比呂で良かった~本当に。
  1. 2005/06/13(Mon) 23:00:32 |
  2. URL |
  3. bear #
  4. [ 編集 ]

比呂

電車クンにラブかと思ったら、もう浮気?まあ、比呂なら無理もないけどね~(笑)
山田孝之が○○で良かった~ってどの作品でも思えちゃうんですよね。たいした奴だ。

「バ~イバ~イ!」
  1. 2005/06/13(Mon) 23:47:33 |
  2. URL |
  3. まるる #
  4. [ 編集 ]

いえ、二股です。

↑にUPしたエントリに恋煩い(のようなもの)を告白しております。
今、二股状態?いや、三股?
て言うか、もとをたどれば全部山田孝之にぶちあたるのか。
諸悪の根源はヤツかーーーーっ…たいした奴だ(違)

「バ~イバ~~~~イ」プププッ(思い出し笑い)
  1. 2005/06/13(Mon) 23:52:06 |
  2. URL |
  3. bear #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tirutin.blog3.fc2.com/tb.php/339-5990f6aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。