Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
『世界の中心で、愛をさけぶ』第1話 :: 2005/04/05(Tue)

アキちゃんはずっとサクのことが好きだったと思います。
決して恩師の葬儀がその始まりではなかったと。
おそらく、まずは智世と親しくなって、智世を通してあの三バカトリオと出会い、その中の松本朔太郎と言う男子に惹かれていったんだと思います。
アキはずっとサクが好きだった。
彼のことなら何でも知りたいと思っていた。
智世から松本くんについていろいろ聞いていた。
智世と話している時に、智世と話しているつもりがいつのまにか近くにいる松本くんを目で追っていたこともあった。
だから、サクが自転車のカギをすぐにどこかになくしてしまってモゾモゾしているのをいつも見ては、可笑しくて笑っていた。
妹がいることも、仲の良いチャーミングなおじいちゃんがいることも、「お前さん」と言い合うスケちゃんとの関係も、三バカトリオの絆も、人のいい所も、
ぜ~んぶ、知っていた。
ずっとずっと大好きだった。いつも、見ていた。

と、そんなふうにまたしても勝手に想像しています。
たこ焼きパパさんのところでハガキを書いているサクを陰からそっと見つめているシーンがありましたが、これは、この時に始まったことじゃないんじゃないかと、そんなふうに思ったんです。
だから、葬儀の時に、松本くんに傘を差し掛けてもらった時、本当に、本当に嬉しかったんじゃないかと。
負けず嫌いで人の顔色をいつも気にする融通のきかないアキは、弔辞を読んでいる時に雨が降ってきても、やめる術を知らなかった。
中途半端ができなかった。適当にすることができなかった。
あの場面でもそんなふうに意地っ張りで、自分で自分を苦しめていたアキは、サクに傘を差しかけてもらうことで、肩の力がすーっと抜けていくのを感じたのだと思います。
どんなに嬉しかったことか、と考えたら、胸がきゅ~んとします。
ああ、良かったね~、アキちゃん。

その帰り道。
「松本くん!」
と、とうとう声を掛けることができたアキ。
この「松本くん!」のひと言を言うのに、どれだけの勇気がいったことだろう。
「ありがとう」って言おう。
ゼッタイ、ゼッタイ、今日言おう。
そして、このキーホルダーをあげるんだ。
ゼッタイ、あげるんだ。
…と、待っている間、ドキドキしながらそんなことを考えていたであろうアキちゃんを思うと、本当に可愛らしくてたまりません。
「松本くん!」
ああ、声をかけることができて良かった、アキちゃん。
そして、話すことがようやくできたのに、どうしても茶化してしまう自分がいて、素直に言いたいことが言えないアキちゃんが、また可愛らしかった。
サクったら、全然オンナゴコロが分からないものだから、そんなアキに
「俺、さっきから、からかわれてるの?」
とか言って拗ねてるし。
この時のアキの表情が上手でしたねえ、はるかちゃん。エ?って言う表情。
大好きで大好きでたまらないのに、全く相手には伝わってないみたい。
本当に、この時の二人のやり取りが、微妙、いや、絶妙で、可愛くてたまりませんでした。

「サクって呼んでもいい?」
このひと言も、もうずっと前から用意して考えていたんだろうなあ、と、これまた勝手に想像。
智世が呼んでるように、私もいつかそう呼びたい、って、彼を想いながら考えてたんだろうなあと。
この時のアキの喜びが手に取るように分かりました。
いつも人目を気にしていい子を演じている自分に、表情だけで気付いてくれた。
全然なんとも思わない人から、勝手に表情読まれて「大丈夫?」とか言われるとうっとおしいと思いますけど(笑)
でも、大好きな松本くんに、そんなふうに言ってもらえて、本当に嬉しかったと思います。
この時のはるかちゃんも上手だったなあ。
「笑っている顔が、いつもと違った」
って言われた時のエ?って表情。良かったあ。
って、アレ?おかしいぞ?綾瀬はるかばっかり褒めてる(笑)
山田孝之に関してはもうどれも、全部良すぎて好きすぎて、改めて褒められないのさ(笑)

最期が近いことを知っているから、
なのかもしれませんが、本当に、アキちゃんが可愛くて切なくてたまらない第1話でした。
大好きだった松本朔太郎との恋を始めることができて。
そして、これから続く一番辛い時期に、一緒に乗り越える相手を見つけることができて。

本当に、本当に、アキちゃん、良かったね、と言いたいです。
  1. 世界の中心で、愛をさけぶ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<『世界の中心で、愛をさけぶ』第2話 :: top :: TEPCO新CM>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tirutin.blog3.fc2.com/tb.php/264-8b12a080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。