Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
まだまだSMAP MAGAZINE :: 2010/08/28(Sat)

SMAP MAGAZINE全部読み終えましたー。
文字通り隅から隅まで。一ページも一語も逃さず読んでやったぜ!
ポストイットは結局2枚しか貼ってません。
だって全ページ読み応えたっぷりで、いちいち貼ったらポストイットだらけになるからね(本気)
どれもこれもポストイットを貼りたい衝動に陥りそうになりながらぐっと堪えて、それでも貼ったのは、
1枚目は↓に書きましたが、2枚目は【118】阪本順治監督のページです。

あらゆる種類の仕事に追われる彼(慎吾)に、あるとき「自分を商品のように感じることはない?」とシビアな質問をぶつけてみたんです。そうしたら彼は「愛される商品ならいいんじゃないですか?」と返してきた。僕はその言葉の中に、自分の迷いに対する答えのようなものを見出しました。(阪本順治さん)


「愛される商品ならいいんじゃないですか?」
慎吾ちゃんの答えに、なんていうか、目から鱗が落ちた。
「ただの商品」と「愛される商品」ではわけが違う。
商品は商品でもあの5つの寄せ集めで出来上がった商品には「愛」がある。
愛されているという自覚、もっと愛されたいという願い、そしてそれを愛している大勢の人たち(ファンだけじゃなく、彼らを愛してそこから何かを生み出したいと願うクリエーターさんらも含めて)、そこここに「愛」がある。
だから、なんでもできる。そうすることを、なんとも思わずやってのける。
この慎吾ちゃんの答えを読んだ時、わたしの中の迷いみたいなものもスッと消えていくような気がした。
いい意味で開き直った感じ。そうか、そうだよね、慎吾ちゃん、そしてすまっぷ。


そんな慎吾ちゃんがどのページのお写真もしゅてきでオバチャンくらくらしとります。
マガジンハウスさん(?)が撮るお写真は独特なものがありますが、慎吾ちゃんがいちばんそれにはまってるような気がする。
というか、瞬時に要求を察知して応える慎吾ちゃんだからでしょうか。
まあ、それについては5人全員がそうだと、この雑誌でインタビューに答えてくださったクリエーターさんらが口々に声揃えたかのようにおっしゃってますけど。
この雑誌で読み取れたキーワードはその「反射神経の鋭さ」ともう一つ、「奇跡」…ですかね。
あの5人の20年の軌跡はまさに「奇跡」としかいいようがない(←駄洒落じゃないよ)
まさに、WELCOME ようこそ日本へ~♪と、アナタタチにそのフレーズを贈りたい。
(SMAPSONGについて読者が語る言葉にすら胸撃たれてベッドでむせび泣いてしまったことは内緒☆)


慎吾ちゃんといえば【048~049】のお写真がすきー。
5ショットなのに慎吾ちゃんだけこっち向いてんの。
自分たちが戯れるこの画を、そっち側じゃなくて常に見る側の視点に立って見てくれてる、みたいな。
「どう?楽しい?SMAPだよ」って問いかけられてる気がするー。
うんうん、楽しいよ、オッサンらが地球のおもちゃごときではしゃぐの図。
いいもの見せてくれてありがとうね~慎吾、って、この雑誌は別に慎吾ディレクションでも慎吾構成でもないだろうに、写真に向かって思わず感謝しちゃったり。
ライブでも、慎吾ちゃんの「どだ!これがSMAPだお?」って言ってくれるかのような構成を楽しませてもらっています。
楽しい作業だろうけど肩の荷はきっと相当な重さだったろう。
そんな先入観があるからか、笑っていても慎吾ちゃんの目の下のクマあたりに何かピンと張り詰めたものが透けて見えるような気がして、慎吾ちゃんのアップがスクリーンに映し出されるたびに、オバチャン胸がきゅぅ~ん…てしてました。
こんな慎吾ちゃんもいいけど、受け身の、お兄ちゃんたちに守られてただ無邪気に楽しむ慎吾ちゃんもまた見せてほしいなあ…なんて。
だから、来年は無理やりにでもバトンタッチしてください、リーダに(笑)
中居正広の背中をずっと見てきたあの子が、それをいちばん心待ちにしてると思うの。

このお写真の話に戻りますが。
慎吾ちゃん、こっち向きながらもその手はツヨポンの腰にそっと添えられてるのがなんともいいですね。
ピンと張り詰めながらも、無意識のうちに触ってる。
支えてるように見えて、実はこの何にも考えてなさそうな子(笑)に支えられてる、みたいな。
こうしてると安心、ライナスの安心毛布のような、そんな存在ですか?ツヨポンは(笑)
  1. SMAP
  2. | comment:0
<<心臓に悪い…。 :: top :: これで1000円ですって!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。