Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
奪回 :: 2009/11/08(Sun)

今年は原巨人が勝利でなんの文句もないでしょー。
と、野球の神様も言ってくれてる気がします。

ジャイアンツ、勝利おめでとう。

昨日は絶対勝つと信じて最初から最後までテレビの前を離れませんでした。
9回裏、ちょっと見てられなくなって、音声のみ、で逃げた場面もありましたけれども。
おかげで、最後三振で討ち取った場面は実際に見れてませんでしたけど。
勝利した瞬間、すぐにテレビの前に戻りましたよ。
稲葉ジャンプならぬ、原ジャンプで勝利を祝いました(笑)
原ジャンプというか、まあ、言うなれば中居ジャンプですか、いや、マッピージャンプ。
今年は中居ソロでジャンプできなかったので、ここで思う存分飛び跳ねてみました。

稲葉といえば、アチキは(←今日は仁だー)ペナントレースは見ない主義なのでWBCから一気に日本シリーズ観戦となったため、WBC選手である稲葉やダルビッシュを見ると味方のように錯覚してどうしても応援しちゃいそうになりましたけどね。
ついでに、二岡も。ヒットを打って喜んでは、「あ、違う違う」となってました(笑)
すんません。こんな程度の軽いGファンですが、原監督、そして巨人、勝利おめでとう。


という嬉しい日に一転、木村拓也選手引退のニュースは胸がチクンと痛くなりました。
ペナントレースは見ない主義のわたしが、今年一試合だけ、試合結果を聞いてからどうしてもそのゲームを見たくなり、動画サイトで探して見た試合があります。
それが、「キャッチャー木村拓也登場!」の、あの試合。
負傷・退場でベンチ入りキャッチャーが一人もいなくなり、急遽キャッチャーマスクをかぶることになった木村拓也選手。
にわかキャッチャーとは思えないぐらい見事に投手をリードし無得点に抑えたあの姿は、今年一番と言ってもいいくらい、わたしに勇気とパワーを与えてくれたものでした。
ああ、37歳でもまだまだやれるんだと。
いや、それだけの経験を積んできたからこそ活かされたものなんだと。
そんな木村拓也選手が引退。
お疲れさまでした。
そして、ありがとう。
寂しいですが、でもあの日、今回の優勝に確実に貢献したであろうあの試合を、わたしはいつまでも忘れません。
  1. つれづれ
  2. | comment:2
<<なんかたまに頭に来る… :: top :: かわええのきた。>>


comment

ジャイアンツおめでとうございます!
中居も大喜びでよかったよかった。
去年の雪辱ですね~
木村拓也選手の引退はわたしも寂しいです。
キャッチャーの試合はわたしも見ました。
そういうことができちゃう素晴らしい選手が引退は寂しいですね。
コーチでもがんばってくれるでしょう!
  1. 2009/11/08(Sun) 12:33:16 |
  2. URL |
  3. ノブミ #
  4. [ 編集 ]

あ、ありがとう(笑)

昨日は嬉しくて哀しい一日になりました。
木村拓也、巨人にきてくれてありがとう、ですよ。
巨人に来るまであんな素晴らしいユーティリティープレーヤーだとは知りませんでしたよ。
まだまだ若いんで、コーチとしても活躍してくれると信じてます。

中居さんは嬉しい一年だったでしょうねー。
  1. 2009/11/08(Sun) 12:40:16 |
  2. URL |
  3. bear #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。