Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
今さっき :: 2008/11/23(Sun)

お昼に貝ナビがあって、そこで初日舞台挨拶の様子が流れているのを見ました(今回は録画できたようです)
ほっほ~、あんな感じか~、明日のWS前に見れてラッキー…な~んて思っていたら、次に流れてきた映画本編のダイジェストを見てまさかまさかの大号泣。
やっと昨日の涙が枯れてきたところなのにまたしても目蓋が腫れぼったいです。今から出かけるというのに、ああ。


ということで、『私は貝になりたい』初日、観てきました。
役者中居正広素晴らしかったです。
いろんな感情が交錯していて今は言葉にうまくできないのですが、落ち着いたらポツポツと語ろうと思います。


ただ一つだけ。(以下、伏せます)
私もつよっさんと同じように、最後の最後のシークエンスの場面で、言いようのないやるせなさを感じるのと同じぐらい、心に何かあったかいものを感じました。
その何かが何なのかはあとでゆっくり考えたいと思います。
今はただ、目の前にある窓から眺める空の青さとあの時に見た空の青さがリンクして、清水豊松という市井の人の34年という短くとも尊い生涯に思いを馳せるだけです。

それと、もう一つだけ。最後のクレジットに「飯島三智」の名前が流れるのを放心状態で発見しながら、この映画にジャニーズを、しかも中居正広を、と願った彼女の底知れぬパワーに敬服したことも付け加えておきます。
  1. 私は貝になりたい
  2. | comment:2
<<毎日楽しすぎてイヤ :: top :: とうとう>>


comment

貝、観ました。

茫然とし、暫らく席を立つことが出来ませんでした。私も、色んな感情が交差して言葉に出来ずにいます。友達に、"良かった?、感動した?、泣いた?"と聞かれても、何と答えていいのか。どれもそうであり、それでいいのかとの想いもあり、ただ"自分で観て感じて"しか答えられませんでした。

後半の豊松には魂を持っていかれましたが、前半の決して格好よくない、しっかりものの奥さんの尻に敷かれていて、子煩悩な、極々普通の小市民の中居豊松の姿が印象的でした。

シンプルなエンドロールの、たくさんの名前の中に飯島さんの名前を発見した時、私も全く同じ感想を持ちました。
ジャニーズが、スマップが、中居正広が、あの映画に出演した事。
私は、簡単に考えていたかも知れません。

これからポツポツ書かれる感想をとっても楽しみにしています。
  1. 2008/11/23(Sun) 17:44:56 |
  2. URL |
  3. 優 #
  4. [ 編集 ]

優さん、こんにちはー。
本当に、言葉で表すのは難しい映画ですね。
ただ私も、今日街中で見掛けたその辺でたむろしている若者たちに、「アナタたち、いいからとにかく今から映画館行って『私は貝になりたい』を観てきなさいよ」と言って周りたい気持ちでした(←迷惑)

飯島さんのクレジットが入るのはおスマが出演する映画なら当たり前なんでしょうけどね~。でも、あの中居さんが渾身の演技で魅せてくれたラストシーンの直後に彼女の名前を見るのは、何か胸にズドーンとくるものがありました。
飯島さん、これですか、これを中居に演らせたかったのですか、と。
私も優さんと同じく、簡単に考えていたかもしれませんね。

先日のコメントのレスも後回しになってすみませんがこちらで…。
「メイキング大っきらい!」って可愛かったですね。
いろいろ人に合わせてカメレオンのように自分を七変化させすぎて裏も表も分からなくなっちゃってるんでしょうかね。子供好きかどうかまで自分であやふやになってるってどんだけ!って思いましたよ(笑)
無意識に演じてようが素だろうが、全部中居正広なんだから、それでいいのに。
  1. 2008/11/23(Sun) 18:09:52 |
  2. URL |
  3. bear #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。