Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
貝オフィシャルブック :: 2008/11/13(Thu)

毎日なんて行ってらんないよと言いつつ今日もついでがあったんで行っちゃいました→本屋。
そうしたらなんとビックリ!昨日なかった貝オフィシャルブックがあ~るじゃありませんか!
映画雑誌コーナーの陳列棚に2冊ほどきれいにビニールがかかって置いてありましたよ。
昨日はあんなに探してなかったのにー。あれ~?
昨日から今日にかけて入荷したんですかね~?
ってね。いや、違う。私の目が節穴だったんです。
そうだとはっきり言える自信があります(←そんな自信ヤダ)

ということで、以下、帰宅後勃発した私とオフィシャルブックとの戦い(?)をここに記します。
(※ネタバレはありませんが、いろいろと用心されたい方はここから先の閲覧はお控えください)
・ビニールだけは取っておくかと、ハサミでチョキチョキきれいに外してみる。
・パラパラと見るぐらいはいいかと、ちょっとだけ開いてみる…(←雲行が怪しくなる)
・ドキドキしながら一番最初に開いたのは中居正広インタビュー。
・うん、せーふせーふ。ここならオッケーね。
・もうさんざんインタビューは読んできちゃったし、いっか、読んじゃえー。
・あ、いかんいかん。やっぱり止まらなくなるからやめておこう。
・一旦閉じる。よし。
・ふぅーーーーっ。とひとまず深呼吸。
・えへ。やっぱりもう一回パラパラめくっちゃおうかなあ…(←やっぱり雲行が怪しくなる)
・パラパラめくりだす。
・めくりだす。
・めくる。
・めくる。
・めくる。
・…………
・…………
・…………
・ぐわわわ~~~~~~~~ん!(←大・衝・撃)

あっちゃ~~~~~。見ちゃいましたよ。しっかりと。
アタシったらなんでこう堪え性ないんでしょう。
だから、こういうやつには早めに見せておいた方が良かったのにー。試写会外しまくりやがってからに。もー(オイ)

まあでも、いいの。既に私の貝祭りは始まってるから。
一度も観ていないのにアレですが、私の中ではもう既に“前夜祭”ではありません。ただ今貝祭り絶賛開催中です。
そう。いつもネタバレを避けていたのは、本当にはまれるものかそうなのか蓋を開けてみないと分からないから、そういう不安があったから。だからまずは自分の目で見てからじゃないと、それまで誰の声も聞かない何も見ない!と思って、ネタバレを避けていたのです。
ですが、もう、いいんです。だって現時点でもうこ~んなにはまってますから~、貝に。ええ、見ての通り(笑)どっぷりんこです。
それにだって、どうせ、何度も観る予定なんだ。おかげさまで前売券5枚も手に入っていますし?
一度目、二度目、三度目、観るごとに臨む姿勢も味わう感動も見る視点も変わってくるだろう。
一度目、二度目、三度目、観るごとに、新たに得るものがあるんだろう。
だから、一度目を観る姿勢がたまたまネタバレバレバレ状態(笑)だったってだけさ。
そうさ、別にどーってことないさ…。ああ、気にすることないさ………。う、ううう(←泣くな)


てことで、オフィシャル本、ぜ~~~~~んぶ、読了しました(笑)
一字一句逃さず、すべてのお写真は舐めるように見倒し(笑)
はぁ~、読み応えあって良かった~(←もう開き直ってます)
ええ、これ読んで、ますます『貝』にどっぷりんこですよ。
これまでテレビで流れてきた数々の断片的なカットが、ああ、こういう意味があるのね~こういう場面に織り込まれているものなのね~と納得してかえってすっきりしました。
いいや、もうこの際だから、私が得たネタバレ(と思っているもの)がちゃんと合っているかどうか、まずはそれを確かめに一回目の鑑賞に臨もう。って、それでいいのか。いや、いいんだ。ていうか、もう、そうするしかないんだ…(自問自答のオンパレード)
そうさ、やっちまったことはグズグズ考えたって仕方がねえ。むしろ、ラッキ~♪ぐらいに思ったほうがいい!と、うちの家訓にもありますし(←絶対ナイ!)


それにしても、ジャイさんと中居さんはほんとにずーっと一緒にいるのね。
クランクアップの時の二人のツーショットはなんとも微笑ましい。
そして、うわさのジャイさんに抱っこのシーンが、ちっさいですがちゃんとあり。そして、可愛い(はぁと)
ああでも、わらわはもっと大きな写真で見たいぞよ?そしてできれば、動画で見たいぞよ?(笑)

あ、それと、オフィシャルを読んで一個わかったことがあります。
あれですね、演技もすべて監督にお任せだといいつつも、ちゃんと演技についてのコミュニケーションはとってるんですね、中居さん。
ええ、実は私告白しますと、中居さんがよくいう「アナタ(監督)色に染まります」的な演技方がちょっと気に食わないところがありましてね(笑)
でも、オフィシャルブックを読んだらそうじゃなく、ああやってシーンとシーンの合間にジャイさんにピッタリ寄り添いコミュニケーションをとり、そしてちゃんと演技についての自己主張もしているんだと知りました。そして、時にはその意見が取り入れられることもあったんだと。
な~んだ。中居さんたら謙虚過ぎて、私にちょっとばかり反感を買ってましたよ?(笑)
まあ、基本的に全部お任せなんでしょうけどね。でも、お任せと言っても全部丸投げというわけではなく、ましてや責任転嫁をしているわけでもなく、ただ、監督に対する強い信頼感をアピールしているだけなんだ。そうなんだ。
  1. 私は貝になりたい
  2. | comment:0
<<中居さんとゴロちゃん :: top :: BOAO>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。