Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
s.m.a.p.ライブ雑感~その5~ :: 2008/10/06(Mon)

第二弾、MC~中居ソロ前まで。
以下、雑感(ネタバレ注意)
<MC>
今回参加した4日とも全部面白いってこれどういうこと?
特に28日のバック転騒ぎは涙が出るほど笑った。
木村「俺がダメになったら後はよろしく」→4人全員でそれだけはならないと阻止→代わりに僕が!と剛がバック転→中居「なんで剛のことは誰も止めないの?(笑)」→木村「じゃあ、俺が」→4人全員で阻止→代わりに僕が!と剛バック宙→エンドレス。いやあ、これはDVDに入れなくちゃダメでしょー。
あ、それと、中居さんがゴロちゃんが肩にかけているタオルで自分の汗を拭き拭きしているのが、そしてそうされることをなんとも思ってなさそうなゴロちゃん(笑)が、なんだか微笑ましかったです。
中居さんたら、ヨシズミさんがポテチ食べた手で触ってベタベタになったコントローラーは気になって仕方ない神経質さんのくせに、ゴロちゃんの汗で充満したタオルで拭くのはなんとも思わないんだ(笑)。もう、まるで家族だね。
あ、MCレポは、すみません、勘弁してください。そして私にどなたかのレポサイトさんを紹介してください(オイ)

<この瞬間(とき)、きっと夢じゃない>
MCの後におもむろにフォーメーションを取り出すこのグズグズさ加減が好き(笑)
それにしても、今回、この場面やジャンクションを含めて曲から曲の繋ぎが秀逸だったなあ。ずっと飽きさせず、流れを止めずに3時間半フルで魅せきりましたね。あ、唯一、この曲のエンディング映像だけはお口ぽか~~~~~ん状態でしたけど(笑)。いやもちろん感動しますけどお、でもお、それとこれとは別じゃあ?ってね。

<Life Walker>
ああ、ゴローちゃんだ(らぶ)

<Style>
一昨年ピアノに乗って大ヒンシュクを買った木村さん。ワッツで反省したかと思いきや、あら?そのせり上がる円テーブルのその柄は、も、もしや……ぴ、ピアノ???こいつ、ケンカ売っとんかい?(笑)
でも、今回のきむらちゃんのソロは好きだわ。

<Junction>
ここがチョモランマだっけ?
「あなた~が喜ぶな~ら~ば 僕のテンション チョモランマっ♪」
って。チョモランマ意味分かんね(笑)
でも、おスマ工房の職人たちがきゃわいくってたまらん。

<がんばりましょう>
ん?ここで風船?
じゃまじゃまじゃまーと、ただの視界をさえぎる障害物にしか思えない人間でごめんなさい(笑)。いつまでも夢見る少女ではい~ら~れ~な~い~~~♪(何その歌)

<White Message>
箱芸可愛い。
「お前は貝になれ!」って、ツヨシ(爆笑)

<ソウデス!>
ちゅよしありがとう!
まさかソロ withバックダンサーSMAPが見られるなんて。
ツヨシソロってのがまたいいのよね。
いつだったか、つよっさん上着が思うように着れなくてジタバタしているのを見かねたメンバが助けにわらわらと集まっていく時がありましたけど、もう、おねいさんをこんなにもメロメロにさせてどうするっちゅうねん!と被っていた帽子をダチョウ倶楽部のごとく床に投げつけたくなるぐらい可愛らしくてたまりませんでした。いや、帽子被ってませんけど。でも、可愛かったあ。そのまんま肩なんか組んじゃってさ。ぎゅうぎゅう一畳スマを見せてもらえるなんて。ちゅよし、本当にありがとう!ああ言ってなかったっけ?わたしあの子たちまるごと愛してるの!(無駄に告白)

<どんないいこと>

<Jazz>
この時は、椅子芸。椅子といったら「正義の味方は当てにならない」ですが、オッサンら、あの頃に負けず劣らずきゃわいらしいです。うん、まだまだだいじょうぶ(何が)。あ、でも、これは可愛いというより、女性ダンサーとの絡みだからウットリするところか。いや、でもやっぱり「可愛い」だな。だって可愛いんだもんオッサンら。
まあ、一人、椅子跨ぐたびに「だ、大丈夫か~?」と心配になるサブロク才がいましたけどな(笑)

<ひとつだけの愛~アベ・マリア>
ここはわたくし微動だにしません。
あ、いや、感動しているとかウットリしているとかじゃなく、ただ、呆然としているだけですが(笑)
なんか聞けば聞くほど凄まじく壮大な歌ですが、「…で?」と突っ込みたくなってしまう。えへ。
こ~れは、ちゃっちゃと華麗に踊って欲しかったなあ。むう。

<ココロパズルリズム>
だから~、なぜ4人?(泣)
ま、それはいいんですけど、これ、初日に最初笑いが起きたのは、何?演出?
と思ったら、次の日からはなかったんで、あの時だけ何かミスがあったんでしょうか。ヘッドセットがなかったとか。それか、「え~?中居くん、なんで~?帰っちゃうの?」って笑いだったりして(ありえない)
でも、あの笑いも演出と言われれば納得してしまうほどこの曲全部が不思議かつ意味不明なものでした(笑)
テクノをよくわかっていないオッサンらが、ヘッドセット使っちゃう?セグウェイ使っちゃう?とりあえずステージいっぱい走っちゃう?みたいに試行錯誤している感じが可愛らしかったです。ていうか、やっぱり、すまっぷはテクノじゃない…(←しーっ!)


~その6~に続く。
  1. SMAP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。