Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
s.m.a.p.ライブ雑感~その4~ :: 2008/10/06(Mon)

宣言通りダラダラと小出しにライブ語りしていますが、ちゃんと時間を追って書かないとなんだか書いた気がしなくてこのままだと永遠に書き続けそうな恐れがあるので(←こわいです)一応セットリスト順に書いてスッキリさせます。
まあ、これ書き上げてもまた思い出してはチマチマ書くでしょうけどね(ナ~ンダ)

まずは第一弾、MCまで。
以下雑感(ネタバレ注意)
<Opening-Junction>
今回のライブ全体で貫かれていたテーマがとあるドラキュラ伯爵たちのお城に迷い込んだ少年少女の冒険。
「もうすぐ、SMAPに、会えるよ」この一言でアドレナリン急上昇。

<Theme of 019>
この前「Theme of 019」はウォーキングにちょうどいいリズムと音だとくだらない発見をしてふと思いましたが、そういえばおスマたちもこの曲で踊りましたっけ?やっぱり彼らもウォーキングしていただけじゃありませんでした?(ウォーキング違う)
そして今回目玉のあの斜めってるステージ。
あれはどっかの雑誌に「スクリーン」になってるってありましたけど、え?スクリーンとして使われてましたっけ?アンコール前に5人のドラキュラさんたちがバイバイ~って言ってコウモリに戻って飛んで行っちゃうあの場面に使われたのだけしか覚えてない。もしかして上から見たらスクリーンだったとか?アレ。
結局あの斜めってるステージは斜めってる必要がなぜあるのか今でもよーわからんちんですが、あれをおスマたちがワイヤーに吊られながらマリオネットのように動いて見せたりコウモリ一家の運動会をしてみせたり(笑)滑り台に見せかけて滑ってみせたり、それはもうもう楽しそうに遊んでいらっしゃいましたので、そんな理由とか必要性なんてどーでもいいですね。はい。まあそれにしても、斜めっつったら滑り台でしょ?みたいな。大好きですその単純な発想。
さんじゅう超えた大の男たちがつるってんとお滑りになっている姿はなんとも微笑ましい光景でございました。いつだったかフィニッシュ決められずにつよっさんがスッテンコロリン転げ落ちた時、下で大爆笑していたのが可愛かったです。あんたたち、楽しそうねえ。
どうでもいいですが、滑り台って結構変なところで筋肉使うのよね。この前グラススキーならぬグラス滑り台で散々滑った(←アンタも何をやっているんだ?)次の日、あちこちの部位が筋肉痛になっていてビックリしましたよ。オッサンら、大丈夫かい?
オープニングの宙吊りスマも、コウモリ一家のお父さん(笑)だけ、ふっつーに何事もないかのように歩いていらっしゃったのが笑えました。さっすがお父さん。
あと、操り人形のごとく降りてくる様は、膝ががに股に折れ曲がった中居さんが妙にリアルで怖かったです(笑)。あ、でも、東京後半は腕組みに変わってましたね。

<弾丸ファイター>
いやあ、始まりましたよ~。オープニング一発目はだんまる!

<two of us>
ここでメンバー挨拶を。
トリの中居さんが日によって尺が余りすぎたり足りなかったり。
初日は余りすぎて慎吾ちゃんと顔見合わせて爆笑してましたっけ。
そして、なんだか異様に盛り上がったビデオ撮りの日、28日は逆に尺が足りず、「こんにちは~!こん……アレ?(笑)」←これ、ちょおおおおおお可愛かった(はぁと)

<BANG! BANG! バカンス!>
もうね、この時は毎度毎度、国立で肉離れって踊れずスクリーンに映るSMAPを見つめていたあの人が目に浮かび、「ああ、踊れてるね~、良かったね~」と、大盛り上がりしながら涙しそうになるという気持ち悪い体験をさせていただいておりました。バンバカで盛り上がれなかったのが一番辛いって言ってましたからね。ほんと、会場全体がヒートアップしている中動けなかったのは辛かったろう。本当に良かったね、良かったね、ナカイ…(←また泣いている)

<Junction>
「なんでもしてあげるから言ってご覧」
「カッコイイダンスが見たいです!」
奇遇だね、お嬢ちゃんたち、オバチャンも同じこと思っていたよ(笑)

<$10>
5つの棺桶からコウモリ伯爵たちが登場。

<青いイナズマ>
オリジナルをアレンジすると違和感があってちょっとね…ってのが多いけど、今回のこのアレンジは好きー。でも、合いの手はオリジナルの方が入れやすいー。

<らいおんハート>
ここらへんから私の心拍数は急上昇し始めます。
赤いステッキをくるくるくるくると操るコウモリさんたちに釘付け。
そして、そのステッキを使いながらここでメンバー紹介。
初日に慎吾ちゃん、ステッキをポロっと落としちゃったんですよね。で、その次の出番が中居さんなんですが、この時、「見てろよ。杖ってのはな、こうやって使うんだぞ」ってな具合に、くるくるくるくるこれでもかってぐらいに振り回しているのが笑えました。って、振り回しすぎなのは初日に限ってるわけじゃないんですけどね。でもこれ見た時に、やっぱり国立の中居さんを思い出して、ちょっとばかり経験者だからってえばりくさってからに~も~~~~と勝手に微笑ましく思っておりました。もう、何かっていうと一昨年の惨事を思い出すって、これ、なんですか?一種のトラウマってやつですかね。

<友だちへ~Say What You Will~>
ほんと、このアレンジにはべっくらこいた。
そしてスタンドマイク。萌え。

<Keep on>
もう、何も言うまい(涙)

<Stiil U>
こ~れ、スマスマで見てから大好きな曲に変わりましたね。
この時の振り付けが中居さんいわく「trfだね」「SAMだよ」だそうですが(笑)、これは確かに今回のライブの宣伝文句通り本当に「今まで見たことがないSMAP」でした。慎吾ちゃんいわく「エアロビ」だという、木村さんいわく「ひらめ筋に効く」というこの「Still U」。これ、今回歌った曲の中で一番疲れるでしょう。これやっていったん休憩~MC~で、はい、正解。
そしてこの曲は慎吾ちゃんが英語ソロを歌いきるかが最大のチェック事項でありました。何日目か最初から歌うのを放棄してた日がありましたな。「もう、ボク、諦めました~」ってわっかりやすい顔をしていた慎吾ちゃんが可愛くて可愛くて、歌う歌わないそんなんどーでもいいと思いました。はい(←おばあちゃん感覚)


~その5~に続く。
  1. SMAP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。