Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
ラスト・フレンズ 第4話 :: 2008/05/02(Fri)

以下、雑感。

そうさ。ミチルは戻るさ、宗佑の元に。
ついでに言わせてもらうが、『薔薇のない花屋』の省吾だってそうよ。今回のルカたちのように英治によって保護され施設にかくまわれたわけだけど、きっとミチルと同じようにすぐに自分が受けたヒドイ仕打ちなんてすっかり忘れて、親を捨てた自分を責めて責めて責め上げて、結局また親元に戻ったと思いますよ。ええ、これが現実ですよ。

って。
私は何を怒っているんでしょうか…。カルシウム不足か?

宗佑だってね、暴力で縛り付けておくのは愛じゃないってもちろん分かってるさ。頭の中では。
分かってるのに、傷つけたいなんてこれっぽっちも思ってないのに、でもやっちまうのさ。
気が付くと手を上げてしまうのさ。
その手を下ろすことができないのさ。
そして、その手で目の前の愛する人を傷つけてしまってから、初めて、死ぬほど後悔するのさ。
それを何度も、何度も繰り返してしまうのさ。
どうしたらその拳を振り上げずに済むのか、穏やかに過ごせるのか、傷つけずに済むのか、誰か分かるなら教えろっていうんだ。教えられないくせに、ただただ二人を引き離せば解決すると思ったら大間違いだーーー!(誰かカルシウムを…)
…ってね。ルカも。結局、自分がしていることは浅はかなことだって気付いたんだね。
雨の中家の前でずぶぬれになりながらミチルを待ち続ける宗佑を見て、自分がしていることは本当にミチルのためなんだろうか?って疑問に思ったんだろう。だから、朝、何も知らないミチルが外にゴミを出しに行くのを止めようとしなかったんだろう。案の定そこにいた宗佑とミチルが再び出会うことになるのを呆然と見つめるしかなかったんだろう。

「僕は、いつも君を待ってる。
 待つのは辛くないんだ…」

幼い頃父親が出て行き、母親も男を作って出て行き、親戚をたらいまわしにされてきた宗佑。
あの子の人生はずっと「待つ」ことの連続だったんだろう。
待っていれば、きっと帰ってくる、と信じ続けたのだろう。
それはいつになっても叶うことがなくても、待つことはあの子の自由だったから。
ずっと、ずっと、待っていたんだろう。
「待つのは辛くないんだ…」その言葉にどれだけの重みがあるのか、考えれば考えるほど切なくてたまりません。
ミチルも、そりゃ、抱き締めたくなりますわ。放っておけないと思いますわ。
ああ、誰か、あの二人が傷つかないで済む方法を知っているなら教えてあげてくださいよ。あの子がミチルを傷つけ、自分自身を傷つけることをどうやったらやめさせてあげられるか、誰か知っている人がいるなら教えてあげて欲しい。できるなら、あの子の人生やり直せるなら、もう一度、やり直してあげて欲しい。…なんて、そんなくだらないことしか願えない自分が悔しいです。
ルカもね…。ミチルに対して自分には何一つしてあげられないと知ってさぞや悔しかっただろう。
だって、仕方ない。自分の抱える問題だって解決できてやしないんだから。
同じように、タケルも。彼も何かを抱えている。
いや、オグリンだってエリだって、みんなそう。
タケルが言った通り、「人がどれくらい孤独だなんて傍から見てるだけでは分からない」から。
それでも、何もできなくても、何かをしてあげようと必死になる彼らが、滑稽で、とてもいとおしいです。
  1. Drama
  2. | comment:2
<<DON’T U EVER STOP/KAT-TUN :: top :: 彼想ふ。>>


comment

今ちゃんと見てるのは「ラストフレンズ」だけかな。
これ面白いですね。亮くんはまだ声変わりする前に歌ってたボーイソプラノがとっても印象的で、それ以来ちょっとファンです。
関ジャニは亮くんとすばる君がいるので頑張ってほしいです。
で、ドラマ。
小さい時から待ち続けた宗佑君。だから信じてる人が約束を守ってくれないこと対してああなちゃうんでしょうね。悲しいなあ・・・。
俳優としてみた時亮くんのファンがとっても羨ましいです。
二重人格みたいな役なんだもん。
優しい宗佑君、怖い宗佑君、いいなあ・・。
中居さんでこういう役みたかったな。
  1. 2008/05/04(Sun) 00:01:18 |
  2. URL |
  3. えみ #
  4. [ 編集 ]

にっきどさんのボーイソプラノ!
いや~あれは国宝級ですね。
ああ、見たくなってきた…。探せばどっかにあるはず。

>俳優としてみた時亮くんのファンがとっても羨ましいです。

うちの家族は、「この役でファンが減るね」って言うんですけどね。いやいや、逆ですよね~。こりゃ、キますよ~足の裏一大ブームが!(足の裏言うな!)
  1. 2008/05/06(Tue) 23:20:50 |
  2. URL |
  3. bear #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。