Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
うっかり :: 2008/04/06(Sun)

第4話のレビューをしようと思って見始まったら、うっかり、最終章まで見てしまいました(うっかりすぎる)
『砂の器』は一気に全話見るに限りますね。
っていうより、見始まったら止まりません。
そして、最終章まで見ると、特典映像の中居正広「宿命」演奏シーンまで見たくなり、さらに、それを見るとまた初回のチャイコフスキーを見たくなるというこの恐ろしい循環の嵐!
いやあ、こわいこわい。こわいぞ~すなのうつわ。

今も特典映像の「宿命」第2楽章演奏シーンを見ながら泣いておりました。
私は第1楽章よりこの第2楽章の方がより好きでありまして。
クライマックスは涙なくして聴くことはできません。
この曲を最後に和賀英良がこの世から消え去ります。
いえ、もう、曲が完成した時点で和賀英良は既にこの世から消えました。
だから、これはいわば、本浦秀夫から和賀英良へのレクイエムなのです。
第2楽章の途中で、中居さんが、この人泣きながら弾いてるんじゃないか?と思える場面があります。
時間でいうなら、第1楽章から合わせて18分くらいのところです。
もし、私が和賀英良のファンで、あのホールに居合わせていたとして、そしてあの姿を見たら…
たぶん居ても立ってもいられなかったでしょう。
オペラグラスを握り締めたまま発狂してしまうかもしれません(クラシックコンサートにオペラグラスはいりませんか?<でも和賀ちゃんだもん、あのビジュアルだもん。やっぱオペラグラスは必須でしょう)


さて、今は和賀英良に泣かされていますが、ちょっと前はサムガで中居正広に泣かされていました。
めったに出さない選手を出しやがりましたよ。
ええ、不動の3番ファースト、「BEST FRIEND」です。
「かけたくない」けどと前置きを言いながらかけるヤツに思わず泣き笑い状態です。
この曲はあの人のSMAP人生20周年で「揺るがない」曲なんだそうです。
めったに出さない選手を出すほど、SMAP結成20周年とは、あなたにとって特別なんですか?
  1. 砂の器
  2. | comment:4
<<砂の器 第4話「亀嵩の謎」 :: top :: 砂の器 第3話「もう戻れない悲しみ」~その6>>


comment

bearさんのレビューと先日のとくばんでの和賀さん映像に触発されて、最近私も宿命を見返す日々が続いています。改めて思ったのは、あの時ってほんっっとに美人さんですよねえ(そこかいっ) ふっくら加減もそれはそれで、売れっ子天才ピアニストの自信からくる貫禄って感じで素敵!と思えちゃうから欲目とは恐ろしい(^^; 
レビューの続き、楽しみにしております。
  1. 2008/04/06(Sun) 01:51:29 |
  2. URL |
  3. めいこ #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/04/06(Sun) 11:08:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

く~る、きっと来る♪

そう思いながらサムガ聴いてました

ラジオの前で正座みたいな~~
あのイントロが流れた瞬間・・・
キターっていう感動、嬉しさもあり
なんか切ない、やるせない気持ちにもなり

今週も20周年について
語ってくれるかな~~
って、語りはいいから
ライブの事を聞かせてください



  1. 2008/04/07(Mon) 00:22:50 |
  2. URL |
  3. ぺこ #
  4. [ 編集 ]

>めいこさん

コメントありがとうございますー。
『砂のうつ』輪!(さ、寒い…)が広がってるようで、嬉しい限りです。むふ。
和賀さん@中居はほんっと美人さんですよねー。ええ、そこ、一番大事なところですからめいこさんの着眼点は決して間違っていないと思います(笑)
ふっくらさんも、ね。これがもし今のガリガリッチョ中居だったとしたら、和賀ちゃんじゃないですもんねー。あれはあれでいいんですよ。
まあ、ふっくらだろうが何だろうが、和賀英良はきれい。それだけは揺るぎません。

レビュー、楽しんでいただけて嬉しいです。ありがとうございます。


>シークレットコメントさん

はじめましてー。コメントありがとうございます。
おっとお、こちらにもうっかりさんが(笑)
『砂のうつ』輪(←だから寒いって)にようこそ。
で、あの第二楽章、やっぱり泣いてますよねー。
ほんと、あれを見るたびにぎゅうっと胸が痛くなります。
本編ではちょうど亀嵩でいじめが始まったエピソードが流れたところなんですよねー。
父親と離れて、偏見や差別を浴びながら一人で生きていくことは、あの小さな秀夫にしてみればとてつもなく辛かったことだったのかなあ、それであの表情だったのかなあ、なんて勝手に思いながら、切なくなっています。
いやでも、あの表情は、監督もカメラで見てビックリだったんじゃないでしょうかね。

サムガも良かったですねー。
我が家のラジオも雑音率70%なんで、先日の放送も、よりによって木村さんとのエピソードを話している最中に突然の砂嵐が(笑)
おいラジオ、ケンカ売ってんのか!って思いましたよ。

コメント、いただいて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。


>ぺこさん

え?貞子ですか?(笑)

私はねー。逆に「いやあ、来ないでー!」って半分耳塞いでましたよ。
で、結局、「まさかまさか……きゃーキターーーー!」でしたね。
過去を懐かしそうに嬉しそうに話す中居さんがなんだか妙に切なくて、そこであの曲は……いや、ほんと、参りました。

ライブの話もそろそろ出始めますかね?
  1. 2008/04/07(Mon) 09:48:01 |
  2. URL |
  3. bear #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。