Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
薔薇のない花屋 最終話「薔薇を売る花屋~涙の一滴(しずく)…」 :: 2008/03/25(Tue)

あのぉ~、お花屋さんと雫ちゃんのシーンだけを残して他全部カット!……したら、いかんとですか?(笑)
「好きの反対は嫌いではなく無関心」(by小川くん@山本耕史)、とはよく言ったもんだ。
(ちなみに私はこの小川くん@『佐々木』とチロル@『薔薇』両者の、それぞれのドラマにおける存在意義は何ぞや?とそれが気になって仕方がありませんでした。よよよっ)
無関心…そう、いつしかすっかり私は貴女に対して無関心になってしまいました>美しい桜と書いてみおうちゃんっ(笑)
いやあ、最後にま~たかくれんぼですかー。
見付けてもらって良かったわねえ。永遠に隠れてれば良かったのに(毒)
私にとっての“The end”は雫と英治のデートの後、英治が再開したフラワーショップ雫に『薔薇の花、はじめました』の貼り紙を貼るところ。そこでちゃんちゃん、終わり。良かった良かった。
だから、その後は蛇足蛇足ー。いりません!(キッパリ)
というか、そっから先はあんまりよく見てません!
え?お姫様抱っこ?何それー。知ーらーなーいーーー(エ)
ああ、そうなんだ。あれ、お姫様抱っこしてたんだ。
どうりで。あのキスシーンを横目で見ながら、どうも美桜の首の角度がオカシイと思ったんだ(笑)
でも、あの美桜のことだから、いや、あの竹内結子のことだから、泣き方も笑い方も「おっ花~屋さ~ん♪」の言い方も単なる立ち姿も独特すぎてどうにも癇に障るというかムカつくというかアレなんで(笑)、このたびもそんな感じで妙な癖つけてただけかと別段気にも留めなかったわー。
って、いやあ、まさか竹内結子に対して自分がまさかこんな気持ちになるとはねえ…。役ってコワイわあ。
竹内結子は今でも好きなんで、アレです、これからも女優として日々是精進してくださいと、そう言いたいです。
そろそろ、汚れ役かなんか演ってみたらいかがですか?
今回も汚れ役といえば汚れ役かもしれないですけど、結局いい子ちゃん演技で終わっちゃったので、そうじゃなくて、もっととことん汚れ役。ダッサイ役。ぶっちゃいくな役(もういい)
竹内結子といういい子ちゃん仮面をいつか取っ払ってくれるようなそんな役と出会えるよう一ファンとして祈っています。


美桜だけでなくドラマ自体にも無関心になりそうなところをぐっと引き寄せてくれたのは、何よりもこの二人、英治と雫、でした。
本当の父ちゃんじゃないと知っても、二人は何にも変わりありません。
いや、違う。逆に愛を深めるだけの結果になったのかもしれない。
それに、最後に集った、何?この大団円?(汗)な方々も、この二人の愛の絆をより強くさせるために数々の試練を提供してくださった方々だと思えば、ある意味感謝しなくてはなりません。ありがとう!皆さん!
父ちゃんの涙にもらい泣きをする雫が可愛くてたまりませんでした。
安西先生のところにもらわれていっても、父ちゃんは父ちゃん。父ちゃんの幸せは雫の幸せ。雫の幸せは父ちゃんの幸せ。これはずっと変わることはないのでしょう。
そばにいなくても、工事現場で英治にひっそりと寄り添う雫の幻が見えたように(ここ号泣)、二人はいつでも一緒です。

ああ、もうこの二人のラブラブっぷりを見れないのか、と思うと残念でたまりません。
昨日も朝から『めざましテレビ』でラブラブっぷりを見せ付けてくれて、ブルーマンデーを一挙にピンクに染めてくれました。
この二人のラブラブっぷりを見ながら、そういえば、草なぎさんと凛ちゃんもこんな感じだったよなあと思い出しました。二人の素のラブラブっぷりが見られる『F2』という情報番組をドラマ本編より楽しみにしていたなあと、そしてあの頃本気で「二人、付き合っちゃえばいいのに」(エ)と思っていたなあ、と思いを馳せていました。ああ、そうだ、『F2』があれば慎吾ちゃんと雫のラブラブっぷりをもっと堪能できたのにっ(ハンカチ噛み締め!)
でもいいの。その代わり、昨日の『いいとも』でたんまりとこの二人の相思相愛っぷりを堪能させてもらえたから。
いやあ、オバチャン、見てられませんでしたよ。
目を両手で覆って指の隙間から盗み見する、なんとも微妙なひと時を楽しませていただきました。
司会進行していても雫のことが気になって仕方がない慎吾ちゃん。気がつくとすぐに二人の世界になってコソコソ話。
「(フリップボードを手にとって)何書くの?(はぁと)」
「数字を書けばいいんだよ(はぁと)」
「(ペンの蓋を)…取って(はぁと)」
大きな手で蓋を取ってあげる慎吾ちゃん(はぁと)
(あ、前に中居さんもタモさんにペンの蓋を取ってもらったことがあったなあ。この、甘えん坊めが!←関係ない)
他の演者さんの目を気にせずスキンシップしまくりな二人(はぁと)
CM中までラブラブ(はぁと)(増刊号を楽しみにしてるぞ!)
そして、最後にはわざわざカメラアップにさせるところで、ちゅうちゅうしている二人!(はぁと×∞!)
何このはぁとの大売出し!?そのまんまのPVじゃないんだから!(むしろPVにこの二人を起用して欲しかった!)
いやあ、もう、可愛すぎるーーーーー!!!!!(発狂)
だからやっぱりもう、二人、付き合っちゃえばいいのに!(再び)



ということで、最終回の感想はこんなもんで終わりです。
最後までレビューを書き上げておきながら結局ははまれなかった不思議なドラマでした(てなわけでカテゴリ分けはしません)
野島伸司と香取慎吾というヨダレが出てきそうな取り合わせにドキドキし、一喜一憂させられた3ヶ月間でした。
一喜一憂しながらも、でも、私が望んでいた野島伸司は、そこにはいませんでした。
いや、言いたいことは、伝えたいことは分かる。けど、望むのはそこじゃない。
伝えたいテーマは問題じゃない。最後がハッピーエンドかアンハッピーエンドかどうかも問題じゃない。
違う。違うんだ。……と呟き続けた3ヶ月間でした。
私が変わっちゃったのでしょうか?それとも野島伸司がま~るくなられたのでしょうか?
あ、そうそう。野島伸司といえば、速筆の野島さんのことだからまさかないとは思いますが、最初の予定では神山舜の出番はなかったんじゃなかろうか?とワタクシは今でも疑っています。
「光と影」を描くとおっしゃっていた、その影の部分を英治から分離させることに果たして意味があったんだろうか?
いつだったか不良少年たちの腕を圧し折りそうになりながら見せた“黒英治”の目が素晴らしかっただけに、それがその後活かされず置き去りになってしまったことが今更ながらもったいなかったな、とそれだけが残念でなりません。
嗚呼、慎吾ちゃんの心の中のくろいうさぎは、このドラマの中で、存分に飛び跳ね生きることはできたんだろうか…?
  1. Drama
  2. | comment:2
<<自分をさらけ出す :: top :: あの頃の未来>>


comment

「薔薇」最終回でした

前回コメントを寄せて、尚且つ日記に名前まで出していただきましたので
ご挨拶にうかがいました。
いやあ……うがちすぎで見てたんですかね、私。
(雫ちゃんの件はすみませんでした)
「結構シンプルな話」という触れ込みは初めから言われていたのですが。
前のコメントにも書きましたが、私はあまり
思い入れはなく見ていたのです。
謎が多いドラマでしたので
その謎だけを知りたくて見続けた感じです。
そういう意味では作り方がうまかったと
言えるのかもしれません。
でも、ほとんどまったくと言っていいほど
心動かされることはありませんでした。

シンプルは話という触れ込みとは裏腹に
もっと何かが隠されていたのでは……
と思えてなりません。
時間(尺)がなくて削られた……
なんてことは考えたくないんですけど。

慎吾にはお疲れ様でしたと、言いたいです。
週刊誌のインタビューで
「今忙しくて合間にSMAPになっている感じ。終わったらゆっくりSMAPになりたい」
と言っていた慎吾が愛しくてなりません。

「砂の器」のレビューは興味深く読ませていただいています。
(”今”こんな新鮮なレビューを読めるとは!(笑)感激です)
続きを楽しみにしています。
  1. 2008/03/25(Tue) 14:08:38 |
  2. URL |
  3. shake #
  4. [ 編集 ]

shakeさん

いやあ、謝らんでくださいな。謝るのはこちらのほうですから~。
先日は勝手にお名前を出させていただきまして、まことに申し訳ありませんっ(ぺこり)
いえ、私も本当にそれもアリかな?と思いましてね。あの聡明な子ならありえないこともないと。
まあ、違ったみたいですが、それでもあの子は本当によくデキた子です。
それをあそこまで育て上げた英治と、遺伝子を残したルリちゃんに感謝したいぐらいです。

私は謎解きにはあまり興味がなく、心に何かしら訴えるものがあれば…と願う気持ちでずっと見ていましたが、残念ながらそれはなかったようです。

>もっと何かが隠されていたのでは……
>と思えてなりません。

謎ではない「何か」が、野島伸司ならではの独特の訴えかける何かが、もしかしたら本当のところは用意されていたのかもしれませんね。
視聴率や話題性が重視されてそれらが置き去りにされたということなら残念です。

>「今忙しくて合間にSMAPになっている感じ。終わったらゆっくりSMAPになりたい」
>と言っていた慎吾が愛しくてなりません。

ああ、そんなこと言ってたんですか?あの子。
よくぞやり抜きましたね。これから存分にSMAPになって欲しいですね。

>「砂の器」のレビューは興味深く読ませていただいています。
>(”今”こんな新鮮なレビューを読めるとは!(笑)感激です)

あはっ。ありがとうございます。
この捻くれ者をどうかなま温かい目で見ていてくだされば幸いでございます。

薔薇について、私のレビューにいつもコメントをくださって、改めてありがとうございました、shakeさん。
  1. 2008/03/25(Tue) 14:21:45 |
  2. URL |
  3. bear #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。