Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
薔薇のない花屋 第10話「愛を取り戻すため」 :: 2008/03/18(Tue)

以下、雑感(←早っ)
まずは、謝ろっかな。
ごめんね、英治くん、キミはやっぱり「名もなき戦士」だったんだね。施設で育ったのは事実だったのね。
この期に及んで、キミのことだからまだ裏があるに違いないと疑っていました。ごめんなさいね。
というのも、「名もなき戦士」について語る様子があまりに第三者的な感じがしたから、そう思っちゃったのよ。
でも、そんなふうに感じ取れてしまったのは、もしかしたら、英治本人のことでもあるけど、同時に、
舜のことでもあったから
…なのかもしれない。
と、今回の第10話を見て思いました。
省吾に話した自分語りは、舜の話だったのかもしれないなあ、なんてね。そう思いました。
今も、そして昔も、英治は英治であって「俺はいいから」の人。何も変わっていない。
省吾を助け出したように、その昔、舜のことをも、自らを犠牲にして、救おうとした。

先週どうしても納得できなかった、「自分が棘のあるバラ」だから「自分を売り物にはしない」から花屋でバラは売らない…というその拘りも、もしかしたら、自分のことじゃなくて舜を想ってのことだったとしたら、だとしたら納得がいきます。

「もしかしたら薔薇は、きれいだなとか、かわいらしいねとかって言われるの、嫌なのかもしれない。
近づかないで、私にさわらないで、悪いけど私は他の花とは違う、そう思うのかもしれない。
そうやってバラが思うならかわいそうでしょう。
花屋はお客さんを選んであげられないから」


里親のもとで致命的とも言えるぐらいの言葉の暴力を受け、それから誰をも信じることができなくなってしまったという舜。そんな舜を思って、もう二度と彼を傷つけることを許さない、彼の傷を誰にも触らせたりしない、と願う気持ちが、花屋にバラを置かない理由となったのかもしれない…そんなふうに思いました。
まあ、例によってただの思い込みでしょうけどね(←もう最初からさじを投げている)

でも、あの二人を見ていて、どうしても「同志」いや「同士」か、そんなふうに思えないんですよ。
そう思っているのは舜だけであって、英治にはまた別の感情が見え隠れしているような、そんな気がするんです。
まあ、英治は、舜と離れてからのたくさんの人との出会いが、彼を変えさせたのかもしれないですけどね。

でも、基本的には何にも変わってないんでしょうね。
だって、もう、バカがつくぐらいお人よしで、涙が出てきます。
どうして、自分を愛すことができないんでしょう、あの人は。

英治くん、キミはいい人だ。でも、いい人だけど、間違っている。

「もし裏切られたとしても、俺はまた信じる。…その方が幸せになるから」

そんな悲しいこと言いなさんな。
そんなに自分を追い込まなくてもいいから。
裏切られたら怒ればいい。
もう裏切らないでと叫べばいい。
本当にもし幸せなら、そんな悲しそうな顔しないしょ?
そんなに震えながら電話に手をかけないで。
舜のために、そして美桜のために、自分を傷つけなさんな。
自分の愛する子を、傷つけなさんな。
全部振り切って、たった一つ、本当に愛するたった一つのものを、守ったらいい。

ああ、もう、見てられませんよ~英治くん~。



それにしても、美桜、「お前、いいかげんにしろよな~」って言いたい。
英治をそこまで振り回すなよ~!って。
あと、お前、いらんことしゃべりすぎ!ああ、腹立つ~~。
まったくもう、竹内結子、ムカつく役をやってくれたもんだぜ(笑)

それに、まあまあ、ひっどい病院だ。
これから手術って時に、くっだらない言い争いしてんじゃないわよ。
院長も院長よ。「あれ?やっぱでっきないわ~」(←軽っ)って首振ってんじゃないわよっ!

あ、あと、最後のぶち切り。あれも腹立ったわね。何あの終わり方!
って、あれ?ドラマってこんなに腹立つもんだったっけ?(笑)

まあでも、腹立ちながらも、大号泣しておりましたがね…。
これがまた、真っ直ぐ前を見据えたいい目をしながら、父ちゃんの告白を聴こうとする雫ちゃんが、愛しくてねえ。
父ちゃんの告白を聞いた雫ちゃんは、一体どうなるんでしょう?
で、前に、コメントをくださったshakeさんが、「もしかしたら、雫ちゃんはこの事実を知っているのでは?」とおっしゃっていましたが、うん、なんだか私もそんな気がしてきました…。
「うん、知ってたよ、父ちゃん」
って明るい声で言われたら、こ~りゃたまらんよなあ。
まあなんにしても、大人になりきれない大人ばかりの中で唯一の大人は雫なんじゃないかと、そう思いますよ、ええ。
  1. Drama
  2. | comment:0
<<スーパーマサヒロ :: top :: がんばった大賞>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。