Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
中居正広の世界へ :: 2008/03/16(Sun)

山野あざみさんが、中居正広について渾身の第二弾を書いてくださいました。
感激のあまり身悶えしております。
そして……花粉症が非常に辛いです…(←関係ない)

こちら→あざみのごとく・・・あれば「中居正広の世界へ」
皆さん、とくとご覧あれ!
(閉鎖されました。お疲れさまでした)

ということで、あざみさんの記事にお礼のコメントを入れようと思ったんですが、文字制限が800文字なのにもかかわらず、「お前いいかげんにしろよ!3600文字(←え?)も書くなよ!長ぇーよ!」と拒否されまして(あざみさんは絶対そんなこと言わない)、え~!3600文字だって足りないくらいなのにどうやってこの溢れる想いを800文字なんかに縮められるっちゅーんだよー!と途方に暮れながらすごすごと退散して帰ってきたしだいです。
で、悩んだ結果、ここから叫んじゃえーということで、メッセージをここに記します。

以下、あざみさんへ、私信です。




Let It Beのbearです。
あの時、勇気を振り絞ってあざみさんにメールして本当に良かったなあ…と、たった今、あざみさんの記事を一字一句噛み締めながら読み終え、改めて思っております。
と同時に、あざみさんの首を締めること(キャー)になってしまったのかと思うと、いやはや、申し訳ありません(笑)
「ありがとう」と「ごめんなさい」と、そしてもう一度「ありがとう」を、あざみさんに今一度お伝えいたします。


>いいじゃない。本気だって。

ふふふ。まったくおっしゃるとおりです。
あの人に関しては、ああやって茶化して自分のバランスを保っているんだと私も分かってはいますが、でも時に、そういう部分が役者としてのあの人を見る際にとても邪魔だと思うことがよくあります(笑)
なので、もしかしたら誰よりも中居ファンが、中居ドラマに純粋に入り込めないのかもしれませんね。

それと、『砂の器』撮影中のインタビューで、「(ドラマにおける)僕のテーマは、バラエティーの中居をなるべくかき消すこと」と言っていたことがあります。
ドラマではドラマの中居正広、バラエティーではバラエティーの中居正広、そしてSMAPでいる時の中居正広とソロで活動している時の中居正広、と時に応じて、立ち居地に応じて自分を演じ分けているように思えることがよくあります。もしかしたら本当の自分を晒け出すことから無意識に逃げているから、「演じる」という作業が必要になってしまうのかもしれません。それが、ラクな方に逃げているのが「自分を落とす」時で、めいっぱいエネルギーを使うのが「ドラマ」であり「カッコイイ自分を出す」時なのかなあと。だからどれもこれも中居正広のようで中居正広ではない。逆に、ドラマで見る中居は中居正広じゃないようでやはり中居正広なのかもしれない。…とそんなふうに、ごちゃごちゃと(笑)訳が分からなくなりながら、本当はどういう人なんだろう~?といつまでも考えさせる人。そんな掴みどころがないところが、いつまでも目が離せない要因になっているのかもしれませんね。
まあ、とにかく、ヤツは天性のペテン師ですからね(笑)。これからも騙されていこうと思っております。


>彼はいつも勝者だけを見てはいない。

あざみさんは本当に彼をよく見ていらっしゃる!
そうなんですよ。あの人はどういう人生を送ってきてそうなったのか知りませんが、常に敗者、弱者の目線に立って考えることができる人です。
もう、そんなところが大好きでありまして、尊敬できる部分になっております。
『砂の器』でも、哀しくも殺人者になってしまった男に他の誰よりも、今西刑事よりももしかしたらその人物を生み出した作者よりも一番近付けた人なんじゃないかと、演じている中居を見ながら思いました。あの役は彼以外誰も演じることはできないのではないかと、そこまで思ってしまうほど、一番和賀英良という人物を理解してあげていたんじゃないかと思います。
あんなに眩しい光を浴び続けている“アイドル”がどうしてそんな影の部分を理解できるのか、まったくもって不思議です。


>中居正広は、美しい「手」を持っている。

何気ない手の動き、仕草がたまらなく色っぽいと感じることがよくあり、悔しいですが魅せられています。
今見てる『砂の器』でも、ただ何気なく上着を羽織る瞬間、物を掴む瞬間、車のハンドル捌き、その一瞬の所作がたまらなく魅力的だと思い、何度となく巻き戻しをしてしまうことがよくあります。
この「手」に注目されるなんて、あざみさん、本当に中居ファンの性向をよくご存知で(笑)ビックリしますよ。


>あぁ、私はこれをずっと観たかったんだ・・と、あの時も思いました。

この記事を全部うんうんと頷きながら読ませていただき、そして、最後のこの一文で、じわーーーっと涙が出てきました。
あざみさんの文章に惹かれてこれまでずっと読み続けてきたのはもしかしたらこの一文を読むためだったのかもしれない…と大袈裟ですがそんなふうに思います。
こんなギリギリセーフではありますが、あざみさんと知り合えて嬉しかったです。
またいつかブログを再開される日が来たなら、私はいつまでもあの場所におりますので、お知らせいただけたら幸いです。

では皆さん、あざみさんと皆さんの貴重なスペースを奪ってしまって申し訳ありませんでした。
あ、実はワタクシ、山田孝之のファンでもありまして(笑)、山田孝之の演技について客観的な意見をあざみさんの口から今一度、私もお聞きしたいと思っておりました。
って、またしてもあざみさんの首を絞めることになってしまうでしょうか?(笑)

ではでは、本当にありがとうございました。長文で読みづらくてごめんなさい。





って、こうやって見ると、いくらなんでも長すぎですね(笑)。そりゃ拒否られるはずだわ。
  1. 砂の器
  2. | comment:7
<<がんばった大賞 :: top :: うたばん>>


comment

こんにちはーbearさん。
心待ちにしていた「あざみさんのブログ」に行ってまいりました。 本当に「嬉しい」のひと言(あえて言うなら)に尽きますね。
中居くんって言葉とか文章で言い表すのが難しい人(多面性がありすぎて)なので・・・。

>カッコイイ自分は、カッコ悪い・・・。
>彼は勝者だけを見ていない。
>美しい「手」を持っている。

どれをとっても「わかってらっしゃる!!」と感激でした。文章力のない私にとって読んでいて気持ちいいくらいですよ~。 
あざみさんのブログを紹介していただいたbearさんに改めて感謝の気持ちです!ありがとうございました^^  またいつかブログを再開して欲しいですね。

あ、もちろんbearさんのブログは日々楽しみにさせていただきまーす! ふふふ^^

  1. 2008/03/16(Sun) 14:27:46 |
  2. URL |
  3. ekko #
  4. [ 編集 ]

こんにちは

山野あざみさんのブログに行ってきました。
コメントは流石恥ずかしいので、
読み逃げさせていただきました(笑)。
文章力が有る方が羨ましい。
bearさんの文章を読んでいても感じるこの満足感は、自分の言葉を代弁していただいているように感じるからなんですよね。
ありがたいことです。
そう、中居の複雑で天邪鬼な男心がらしくて好きなんですよ。
実はとんでもなく男前な奴なのにそれを隠すとか色々。
これが単純な男前だったら惚れなかったな、きっと。
と、何を言ってるのか自分でも意味不明ですが、ありがとうござました。
  1. 2008/03/16(Sun) 16:22:55 |
  2. URL |
  3. mika #
  4. [ 編集 ]

>ekkoさん mikaさん

いやいや、わざわざこちらにもコメントありがとうございます。
私はただ紹介させていただいただけなんですけどね。えへ。

まあでも、語っても語っても語りつくすことができない、底なし沼のような男ですよね、ヤツは。
  1. 2008/03/17(Mon) 23:59:35 |
  2. URL |
  3. bear #
  4. [ 編集 ]

おひさ~

あざみさんのとこに立ち寄ったら、久々のbearの文字が!前の記事読んだ時、中居くんファンのbearさんだったらどう感じるんだろう、と思っていたら、ちゃんと読んでいたんですね。すごいすごい。つながっている。

最近山田氏は活動がないので、暇です。
中居くんファンは常に忙しいですよね。
また来ます~。
  1. 2008/03/18(Tue) 14:53:37 |
  2. URL |
  3. まるる #
  4. [ 編集 ]

まるるさん!

いや~ん、お久しぶり~。
そうよ。何を隠そうまるるさん経由ですよ。あざみさんのところにおじゃましたのは。
そして、まるるさん経由でもあり、山田孝之経由でもあると(笑)
山田関係なくしてあざみさんの文章が好きで通っていたんですが、まさか最後の最後に中居語りが聴けるとは。
本当に、紹介してくださって(勝手に紹介されて)ありがと~まるるさん。

山田孝之は暇そうですねえ(笑)
あ、そうそう、「クローズ」見ましたよ。面白かったですね。
あと、昨日「がんばった大賞」にチラッと勘九郎の時の山田が映ってて懐かしくなりました。

あざみさんの閉鎖は残念ですが、まるるさんのところにも引き続きおじゃましますんで、よろしく。
  1. 2008/03/18(Tue) 15:01:58 |
  2. URL |
  3. bear #
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます~

こんばんは。
山野あざみです。

再びbearさん、ありがとうございます。
ekkoさん、mikaさん、暖かいコメントありがとうございます。
また遊びにいらしてください。

で、まるるさん!
こんばんは~
もうびっくり!!

bearさんが、私のブログのことを立ち上げ当時からご存知だったって仰ってたので、それはきっとまるるさん経由なんだろうな・・って思ってはいましたけど・・・、凄い!グルッと繋がってますね~♪


私、もしかしたら以前まるるさんちで、bearさんとお逢いしたことありました?もしそうだったら、すいませんでした~

bearさんには、最後に色々とお世話になり、私自身も勇気を頂きました。
本当にありがとうございました。
これからも、楽しみに読ませて頂きますね。

  1. 2008/03/18(Tue) 20:45:18 |
  2. URL |
  3. 山野あざみ #
  4. [ 編集 ]

こんばんはーあざみさん。
そうなんです。犯人(笑)は、まるるさんでしたー。
ぐるっと繋がってますねえ、ほんとに。
繋がっているといえば、まるるさんちで、セカチュー公式で集った皆さんが一人、また一人と再び集められていく様子を遠くから眺めてはワタクシ密かに感動しておったんですよ。
そして、その中のお一人が、あざみさんだった…というわけです。
あ、でも、まるるさんちでお会いしたことは、なかったかな?すれ違うことはあったかもしれないけど(笑)

>bearさんには、最後に色々とお世話になり、私自身も勇気を頂きました。

そんなふうに言っていただいて、すっごい嬉しいです。ありがとうございました。
  1. 2008/03/19(Wed) 00:17:49 |
  2. URL |
  3. bear #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。