Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
砂の器 第1話「宿命が痛み出す」~その2 :: 2008/03/12(Wed)

さてさて。まだ冒頭のシーンを引っ張ります(えー)
というのもですね。先ほどいつぞやのうたばんで嵐くんがゲストだった回の編集をしていたんですが(寝ても覚めても砂!砂!砂!なもんで、気が付いたらHDDがぱんっぱんに!!!ひぇーーーっ!!!…おスマさんたちの新曲祭りのために今慌てて編集作業に取り掛かっておるところでありんす…)
そこで中居さんたら、「キスシーンはここ7~8年やってない」とかなんとかおっしゃってましてね。その時は、うっそ~ん!7~8年はいくらなんでも言い過ぎだべ~!「ドラマ自体やってないからね」って、やってたじゃ~ん!!この~オオボラふきめが~(らぶ)
…と思ったんですが。
『砂の器』を改めて見たら、はい、中居様のおっさるとおり!でございました(笑)。疑ってごめんなさ~~い。
もうね、見事に、キスシーンどころか、ラブシーンらしきものがどっこにも見当たりません。
辛うじてそれらしきものをあげるとすれば、あさみが和賀のマンションに来たシーンと、あと、この、冒頭のシーン、のみ。
そう、そうなんです…。どっちも、ただお手手繋いでるだけなの(笑)
いやあ、なんですか?あのひと。さんじゅう過ぎたおっさんなのに、ラブシーンがお手手繋ぎだけっていったいどんだけ!

…ってね。いや、まあ、こんなふうに茶化しながらも、この、手と手が繋がれるだけがなんともいえないいい雰囲気を醸し出していて、オバチャンすっかり参っちゃってるんですけどネ!えへっ!
そして、この、ただお手手を繋ぐだけのシーンでもきっと涙目になっているんだなと思うと、まあなんとも……まさひろ…(涙)


あ、あと、このシーンについてですがね。
あさみが自分の元へやってきたのを見た和賀は最初、「めんどくせーやつが来たよ~~~」って全身からかったるそうな態度を示してたんですよね。「僕は独りでお砂で遊んでんだよ。じゃましに来てんじゃねーよ」みたいな(和賀ちゃんは独り遊びが好き)
ここから先は絶対入ってくんじゃねーオーラをムンムン漂わせていたの。
それが、まあ、だんだんと、お手手繋いでもらったりなんだり(笑)しているうちに、態度を和らげて、みるみる変化している様子が、このたった数分の映像から見て取れます。
このたった数分の映像が、起承転結すべてありーの一つの完成されたドラマになってるのが、改めてすげーなと思います。

たった数分……って、今確かめたらこの冒頭のシーン、“4分”しかないんですねー。
この4分から先に私はいったいいつになったら進むことができるんでしょうか…。
そして、たぶん、次なるコンサートシーンでまたしても足踏みする可能性大!なんですけど…(笑)
だって、ピアノ演奏シーンが、もう、もう、もうーーーーーーー(興奮)

ということで。ではまた。ごきげんよう。
  1. 砂の器
  2. | comment:0
<<面白くてカッコイイ :: top :: 薔薇のない花屋 第9話「衝撃!全ての真実」>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。