Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
薔薇のない花屋 第8話「さよなら父ちゃん」 :: 2008/03/04(Tue)

話は直接本人に聞こうよ。


と思った第8話でした。
「ビデオにお花屋さんが映ってたけど、どういうことですか?」
って、直接英治本人に聞いてみりゃいい。
どうしてそんな遠回りして菱田さん経由で真相を探ろうとするのか。
菱田さんだったら分かるだろうって、本当にそう思ってたわけ~?え~~ほんとうに~?(疑)
そして、菱田さん、頼られて気持ちいいからって美桜をすんなり受け入れるなよ。
菱田さんたら、なんだか、姑が嫁にまんまと操られているかのように見えたよ(笑)
「自首しなさい」って言ったのはどうした?
二人でこたつ囲んで悠長にビデオ鑑賞してる場合じゃないから。
もーーみんな、無駄に優しいんだからさあ。
そういうの、よくないってば。
お金が絡んでるんですよ?いちまんにまんの問題じゃないんですよ?
せんせー、美桜ちゃんはもうちょっと痛い目に遭わないといけないと思いま~す(←こういう子いる)

まあとにかく、ここへきてラストのあの大どんでん返しで何がなんだかよくわからなくなってきたんで、美桜ちゃん、悪いけどアンタちょっとお花屋さんに聞いてみてくれる?って感じです。もう、誰のため?って私のため(キッパリ)
もうすっぱり聞いちゃったらいいさ。
それ聞いてどうこうしようってわけじゃないからさあ(←お前はそもそも関係ない)
お花屋さんと雫ちゃんに血の繋がりはないのはもうどうでもいいよ。
血の繋がりはなくても、二人に強い強い絆があるのは分かったから。
雫がどこに隠れてもちゃ~んと探し当ててくれる“磁石”のような絆があることがあることがよ~く分かったから。

いやあ、あのゲームには泣かされました。
ことの成り行きを息を潜めて見つめながら、英治がどれだけ雫のことを想っているかに耳をそばだてながら、とうとう雫を探し当てた時、わたしゃあ、もうほんと、全部どうでもいい!って思っちゃいましたよ。英治に完敗です。負け負けー。
どんな理由で英治が雫を育てることになったのか、過去に何があったのか、美桜のこととか、お金のこととかもうどうでもいいから、この親子を引き離さんといてーお願いだからーと思いました。
だって、たった6年?7年?で、あれだけの絆を築けたんだ。
それに雫ちゃんのあの愛らしさを見るだけでも、英治がどんだけ愛情を込めて育ててきたのかがよく分かる。
そんな親子を引き離す権利なんて誰にもないんだよ。
そう。そもそも諸悪の根源はアンタだ、安西!勝手に人違いしてんじゃないわよ、バカ!(笑)

雫のゲームの主旨がまたね、よくよく考えると泣けてくるんですよ。
自分を当てることができたら、父ちゃんのいうことを聞いておじいちゃん家に行くって。
当てて欲しくないけど、当てて欲しい。
雫ちゃんにはどっちに転がっても辛いでしょう。
どっちにしたって、あの子は父ちゃんのためを思って言うことを聞くつもりなんだよ。
だけど、最後に、最後に父ちゃんの愛をもう一度確かめたかった。
あんな小さい頭で必死に考え抜いたことなんだろうな、と思うと切なくてたまりません。
その結果が………やっぱり辛いけど、でも良かった。
たったこれだけのことでもきっと、雫のこれからの人生を支えるだけの糧となったに違いないと。そう思えるから。

「毎日メールしてね!」「いっぱいだよ!いっぱい!」

と約束をし、笑顔で旅立ってゆきました。
そして、父ちゃんと離れても、ボロボロになったおじいちゃんの手となり、偶然出会った美桜の父親の慰めとなる雫。
あの天使のような笑顔。優しく差し伸べる手。雫ちゃん、あんなできた子はいません…(涙)
先週、英治にとって美桜との出来事がすべて幻なんじゃないかと思うと書きましたが、なんか、あの子を見ていたら、あの子の笑顔があまりにこの世の物とは思えないほど眩しすぎて、もしかしたら雫という存在そのもののほうが幻のように思えてきました。


美桜については。

「期間限定」

が切なかったですね。
英治も騙されたままで通すつもりみたいですが、雫を手放してその代わりに美桜、って思っているわけではなさそう。
ていうか、英治はただの色ボケくんではないと、どうしても信じてあげたい…(笑)
美桜は、あわよくば!とちょっとは思っていたかもしれませんが、この英治の一言でハッと我に返りましたね。
自分のしでかしたことを思い出し、浅はかな自分を恥じ入る思いだったのではないでしょうか。

それにしても、英治の言い放った「期間限定」は冷たい。
これもいつもの「俺はいいから」からくる遠慮?
な~んか、違うような気がする。
美桜に対して「冷たさ」を感じてしまうのは気のせいでしょうか…。


それもこれも、ラストのどんでん返しを見ちゃったからなあ。
もう、どうにもこうにも、英治が恐ろしくてたまりません(笑)
玉鉄の敵かと思ったら違うんでやんの。

「俺たちが信じているのは世界で俺たちだけ」

って、ガッと手と手を交わしちゃったりして。ハグし合ったりして。
二人、なんなの~~~~~?


なに?「俺たちだけ」って。雫は?美桜は?“彼女”は?
どれもこれもあなたたちのゲームの駒とかだったら最悪なんですけどーー。今までの感動を返してーーー(笑)
  1. Drama
  2. | comment:0
<<追記の追記 :: top :: 追記>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。