Let It Be




サラスト茶髪! :: 2008/04/29(Tue)

いやいやいやいやいやいやいやいやいや(言いすぎ)
良かったなあ、ドラマレジェンドありがとう!
  1. SMAP
  2. | comment:6
か、 :: 2008/04/29(Tue)

かざまがごきげんようにっ!!!!!!!

かわええです!(涙)

ありがとう昭和の日!!!!!

いいともはお昼ご飯作ってたんで、結局いつもどおり録画物を見ます!ごめん中居!!!
  1. k_s
  2. | comment:0
今夜の :: 2008/04/28(Mon)

『世にも奇妙』がヤバイぐらい楽しみな自分がいますよ…。

2001年のお正月の放送だったんですね。
2001年なら、私は既にもうジャの道に足を踏み入れてた時だな(笑)
金八で風間に堕ちたばかりで、ヤツを探して三千里していたんで、ちょうどその頃はジャニっ子が出ているありとあらゆる番組を見始めたところでした。………SMAP以外(笑)
いやあ、この『世にも奇妙』もまったく関心なかったもんね。
桜井幸子が出るっつーんで辛うじてゴロちゃんのだけは見たけど、それ以外は未見。
って、わざわざそれだけを選んで見るって、ある意味とっても失礼(笑)
だってだってー。本当にすまっぷに関心なかったんだものーー。
あ、でも、古畑は見たのよ。僕僕も見た。
ってことはアレよ。すまっぷのすの字もない時でも、5スマ揃い踏みのドラマは見てたのよね。
あ、それと、余談ですが、私、毎年「さんま&SMAP」は欠かさず見てました。
なんだろう?SMAPメンバー一人一人に関心はなくても、彼らが5人揃うとなんか見なきゃ損!って気分になっていたんだろうね。
きっとそういう人ってたくさんいるんだろうね。
だから、この『世にも』は、「な~んだ、一人一人のオムニバスかよ?つまんね」って思ってたような気がする(笑)
ファンもファンじゃなくても同じように、あの5人が5人揃うってすんごい希少価値あるように思うって、改めて面白い。

てことで、ほぼ初見のため今夜の放送が無駄に楽しみすぎて仕事になりません。
というか、今日は暇です。
眠いし、くしゃみは止まらないし(←今日はヒドイ)。もう……帰らせてくれ……(オイ)
  1. SMAP
  2. | comment:6
砂の器 第5話「崩れ始めた嘘の人生」~その6 :: 2008/04/28(Mon)

『砂の器』第5話レビュー、これで終了です。
  1. 砂の器
  2. | comment:0
砂の器 第5話「崩れ始めた嘘の人生」~その5 :: 2008/04/28(Mon)

引き続き、第5話レビューです。
  1. 砂の器
  2. | comment:0
砂の器 第5話「崩れ始めた嘘の人生」~その4 :: 2008/04/28(Mon)

だいぶ時間が空きましたが、『砂の器』第5話レビュー、続きです。
  1. 砂の器
  2. | comment:0
ゴールデンなウィーク :: 2008/04/27(Sun)

うーん、私もしばらく「ゴールデンなウィーク」に入らせていただきたい気分になっちゃってるなあ(笑)

この気分はアレだ。あの時以来だ。
2004年の「27時間テレビ」。
SMAP SUPER LIVEまでの壮大なるコント(コント?)に私が泣き笑いした時、以来です。
そのLIVE自体はね、別に良かったんだけど。問題は、その後。
ネットでありとあらゆる人の感情を見聞きして、その年一年分ぐらいの気力体力を一気に奪われてしまいました。
んでもって、これじゃあいかん!と、その後しばらくネット断ちしたんだったわ。
ああ、あの年もライブが結局なかった年だったよなあ。…と思い出す。
すべての諸悪の根源はそれなんじゃーないでしょうかね。
だから、すべてを帳消しにするぐらい楽しい夏を、ライブを、今年こそお願いしますよー。

ってことで、あれから4年も経つと神経もだいぶん図太く逞しく育ってくれたようで、今はネット断ちなんて選択肢はまったくありません(笑)
まあ、ゴールデンなウィークには入らせていただきますけどね。
何しよっかなあ。ワンデー『白い影』デーを設けよっかなあ(エ)
それともライブDVD三昧しよっかなあ(エエ)
それとも、ばーすでーすまっぷ、また見たいんだよなあ(エエエ)(←時々無性に見たくなる)
って、お前のゴールデンってそんなものでいいのか!!!(いいの)

てなわけで、次が詰まっているのでそろそろまた『砂の器』レビューを再開させたいと思います。
いや、でも、この調子じゃまだまだ終わらんなあ。
終わったらまたそれも寂しい気がするしなあ。
まあ、『貝』公開までに終わればいいや。
って、のんきに構えていたら、えーーー!もう宣伝開始ですかい?『金スマ』さん!早いからっ!
てか、ひじょーに分かりづれーーーーし!(笑)
いやあ、ホタテの貝殻付きショッカーさんには笑えた。
SPさん、よくぞ笑いを堪えられましたね。
でも、ショッカーで笑いを堪えても、警護する本人が「ここでかよ!」ってお見事なタイミングで靴が脱げてしまって、それも「オイオイ」でしたでしょう。もう、何から何まですみませんねえ。
んで、どうするのかと思ったら………フッフフフフフ…(←思い出し笑い)
あの、可愛いお靴がしゃーーーーーーっと滑り行く様が、今でも脳裏に焼きついて離れません。


ってことで、アレ?『砂の器』レビューの前書きのつもりが、お時間が来てしまいましたので、これにて失礼(えー)
  1. SMAP
  2. | comment:4
Prisoner Of Love/宇多田ヒカル :: 2008/04/25(Fri)

HEART STATIONHEART STATION
(2008/03/19)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る


ないものねだりブルース
皆安らぎを求めている
満ち足りてるのに奪い合う
愛の影を追っている

・・・・・・・・・

I'm gonna tell you the truth
人知れず辛い道を選ぶ
私を応援してくれる
あなただけを友と呼ぶ

(「Prisoner Of Love」 作詞・作曲:Utada Hikaru より一部引用)

  1. Drama
  2. | comment:0
ラスト・フレンズ :: 2008/04/25(Fri)

気が付くと毎回、涙しています。
心が反応する前に勝手に涙が零れてる…みたいな、なんだかとても不思議な感覚なんです。
なんだろう?私は一体誰に感情移入して私は泣いているんだろう?
ミチルかな?ルカかな?
いや、やっぱり、宗佑……なんだよな、うん。

どうしてそこで不安になるんだろう?どうしてそこで拳を振り上げるんだろう?上げた拳を震わせながら、なぜなおも殴ろうとするんだろう?それもそんな哀しい顔をして。そんなに哀しい顔をしながら、「二度とするな」という声を震わせながら、どうしてそこで拳を下ろすことができないんだろう?どうしてそうやって自分を苛めるんだろう?どうしてそうやって、自分を苦しめるんだろう?
暴力男は世界一嫌いなのに、宗佑に感情移入して、泣けて泣けて仕方がありません。
そして、その暴力に震えながらも決して離れようとしないミチル、その暴力をただただ無力にも見守ることしかできないルカ、彼女らの表情も焼き付いて離れず、布団の中に入っても、怖くて怖くて、哀しくて哀しくて、涙がとめどなく溢れます。
このドラマは、多分私の精神衛生上明らかに悪いと思うんですが、見ずにはおれません。
できるなら、ブラウン管の中に入って、ハウルに出てきたあのバアさん(あれ?女王様だっけ)が「こんなバカげた戦争は終わりにしましょ」と鶴の一声で、それまで延々と続いていた戦争をあっさりやめさせたように、「そんなバカげた暴力は、もう、終わりにしましょ」って宗佑に言いたい。それで解決できるもんならそうしたい。だけどそんな簡単な問題じゃない。やるせない。
やはり、宗佑の家庭環境が影響しているんだろうか?
もしそうだとしても、どっかで悪い循環を断ち切ることはできないものだろうか。

にっきどさん、私、今アナタに夢中です。いい役もらったね。


あ、そうそう。ミチルとルカの関係について、あのポスターだけで察した中居さん、今更ですが、すごいっすね!
「女の子同士でちゅーしてるね?」
とかなんとか春祭で言い出した時、ハ?何言っちゃってんの?って思った私をお許しください(笑)
  1. Drama
  2. | comment:0
「4人、慣れてんのかなSMAPは(笑)」 :: 2008/04/25(Fri)

もう、すっかり昔話になってしまいましたが。
肉離れはもう大丈夫かい?>中居さん。
再発の話は今年はないみたいで、スマスマで踊っている姿を見ても「大丈夫かい?」とオロオロすることもすっかりなくなりました。
最後に心配したのは今年最初の生スマの時かな?
ケンケンパはさすがにドキドキしたわ。
たかがケンケンパ、されどケンケンパですよ。
あれでまたブチッ!て切れたら笑いごとじゃ済まされませんからね。
もしそうなったら、私は今後二度とケンケンパの存在を許さなかったでしょう(←ジャングルジムでうちの子が怪我したら大変だから撤去してください!っていう悪い親の見本ですな)
順調に映画の撮影も進んでるのかな?
くれぐれも怪我には気をつけて。中居さんもメンバも、みんなみんな。
  1. SMAP
  2. | comment:8
あのころ~の未来に~♪ :: 2008/04/22(Tue)

あのころの未来に
僕らは立っているのかなぁ
すべてが思うほど
うまくはいかないみたいだ


お前、ここ一ヶ月で何回歌ってんだよ?って感じですよ。
まあしゃあないさね。昨日はスマスマで歌ってくれちゃったし。おかげで今日は「夜空ノムコウ「と「Missing」が交互に頭の中を流れて、忙しくててんてこまいだっちゅうに意味もなく泣けてきて仕方なかったわい(笑)
まあ、意味があるっちゃああるけどね。
なんだか昨日のスマスマはさすが懐メロ大会(違うから)、涙腺をイヤってほど刺激されましたしね。
曲曲で出てくる当時の映像ってヤツがまたそそられますからね。
私はドラマっこなので、音楽にはドラマ(映像)がセットで付いてくるのです。
「恋におちて」で金妻映像が流れた日にゃあ、もう!……って、お前ガキのくせしてあんなん見てたんかい(ハイ)
そして、爆風スランプさんの「Runner」も、まさかあ~んな制作秘話があったなんてねえ。知りませんでした。

てな感じで、涙の大安売りだった昨日のスマスマで、一番切なかったのは、やっぱり、アンタですよ、中居さん…。
いや、いいんですよ。たくさんのスタッフが作り上げる番組の中でアンタがどう動こうと、言い方は悪いけど駒の一つであって、それぞれのメンバもそれぞれの駒の役割を果たして、いいもんが出来上がればそれでいいんですよ。でもね~。
あのマイクの持ち方だけはいただけなかった…。
何よ、最初は無意識にマイクを口元に持っていったのに、わざわざ思い出したようにぐいっと下に下げて。てか、下げすぎやねん!(笑)
それも、一度ならず二度もありましたよ。その見せ見せの演出。
って、ええ、演出でしょ?
アレは何かのメッセージだ。きっとそうだ。
あの表情だってそうよ。
きれいな顔しちゃって(←どさくさ)
あんなきれいな顔して物憂げな表情されて、マイク下げられたら(笑)こちとらどうすりゃいいんだよ!
ブラウン管の前で、私にどうして欲しいんだ?うん?
そう、いつかのサムガでヤツは言ってた。イヤなことがあっても人に言いたくないと。言わないから「察知しろ」と。黄色信号を出すから、そん時は黙って「スイカ」を持ってこい!と(笑)
そうか。スイカか?スイカが欲しいのか?そうなのか?
誰か、ヤツにスイカを送ってやってくれませんでしょうか?(←お前がやればいい)

まあ、私は単なるファンであって、友達でもましてや「奥さんとかなる人」でもないんで、その真意は知る由もないんですけどね。
私が友達なら聞くさ(←「奥さん」と言わないところが偉い)。「アンタ、何あのマイク?何か言いたいことがあるなら言えば?」って。ええ、聞けるなら聞くさ。え?KY?KYなんてくそ食らえ!(言葉悪いです)空気読んでコソコソ周りで気を遣うよりズバっと直接本人に聞きますよ。遠まわしに人づてに聞くなんてそんな面倒くさいことしません。どうせ、本当のところは本人にしか分からんし。
…って。そっか。友達でも言わないっちゅってるもんなあ、中居さん。
ちっ。めんどくせーなー(笑)
いやあ、あんな偏屈野郎に20年も付き合ってるメンバはごくろうさまだよ、ほんと。
彼らも彼らでそれぞれ「すべてが思うほどうまくはいかないみたいだ」って経験ばかりだろうしね。
今回のスマスマは楽しかったかな?楽しそうに見えたから、それでいいやね。
もしかしたら楽しい仕事ばかりじゃないかもしれないけど、頑張ってね。
そして、また夏に、そこにいる誰も彼もが楽しいアレをやって全部発散しようや。
ええ、もちろんアレっちゅったらアレよ。ライブよ。
あの場所で、あの空間で、楽しそうに歌い踊るスマに、そしてそれを見る大勢のファンの笑顔に、また会わせてよ。
そうね。ライブで「夜空ノムコウ」を歌ってくれたら、あのマイクの件も不問に付してあげてもいいわ(←何様)

(「夜空ノムコウ」 作詞:スガシカオ 歌:SMAP より一部引用)
  1. SMAP
  2. | comment:12
「今日、疲れちゃったなあ」@サムガ :: 2008/04/19(Sat)

…って。

聴いてるこっちも疲れたよーーーー(笑)
いやあ、ずいぶんと直球勝負のお嬢さんで。
若いっていいなあ。
わたしゃ、あの人の前でとてもとてもつつつつつつーとp(ごにょごにょ)…なんて言えませんよ!(←書くことすらできないのに!<なぜ?)
ましてや、「木村くんと仲いいんですか?」なんて、とてもとても!
「好きな人はいるんですか?」よりよー聞けまへんわ(笑)
この件に関しては、結成20周年だろうが50周年だろうが謎のままでいいです。
むしろ、年を追うにつれてますます迷宮入りしていただいたほうが、なおいいです(何故)

そんな素直でいたいけな女の子を嘘八百でからかうあくまさん。
今日ほどそんなあくまさんで良かった~!と胸をなでおろしたことは、ない。
(これがワッツだったらさらに変な汗をかいたやも…)
でも、そんなあくまさんでもなけなしの良心が疼くのか、相当疲れたご様子。
いやあ、お疲れ様でした~中居さん。
そして、ワタシもお疲れ~。って、ハテ、ワタシは一体なんで疲れているんでしょうか?


  1. SMAP
  2. | comment:0
続「ぼくはくま」 :: 2008/04/19(Sat)

ROCKIN'ON JAPAN  (ロッキング・オン・ジャパン)2008年 05月号 [雑誌]ROCKIN'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2008年 05月号 [雑誌]
(2008/04/19)

商品詳細を見る


先日のスマスマは結局、「ぼくはくま」に始まり、「ぼくはくま」に終わってしまいました。
私はどうしてこんなにも熱く「ぼくはくま」を語っているんでしょうか?
…と自分でも引いてしまうぐらいのウザウザ語りに付き合ってくださった優しい皆々様、本当にありがとうございました。
で、そこでコメントを下さった方に教えていただいたんですが、何か?「CDデータ」という雑誌によると、この、私が愛でて愛でて仕方がない「ぼくはくま」について、なんと我らが中居正広が、うたばん収録中のオフ時間に宇多田さんご本人に直接「いい曲だね」とおっしゃっていたそうですね?
この「ぼくはくま」が宇多田さんにとってどういう意味があるものなのかを知ってか知らずか(たぶん後者)、宇多田さんをこの上なく喜ばせる一言を言ってのけた中居正広さん。私はやっぱりあなたを尊敬申し上げます。
残念ながらその記事は先月号のようで、新しい号が発売された今確かめることは叶わないのですが、今日本屋で見かけた宇多田さん表紙のこの↑雑誌に、宇多田さんインタビュー記事の中で、またもや中居正広の名前を発見してしまったので、思わず手にとって連れ帰ってきてしまいました。
「CDデータ」に引き続きまたもや中居正広の名前を出すとは。…宇多田さん相当嬉しかったんだろうね…うるうる。
(そういうインタビュー記事はほとんど使い回しだよという正しくも悲しい突っ込みはなしの方向でよろしく)

ていうか、立ち読みで済まそうと思ったんですがね。けど、14ページもある宇多田さんインタビュー記事のどこを読んでも、共感というか共鳴というかしてしまいましてね。なんだか読めば読むほど放っておけない感がフツフツと沸き起こってしまって、中居どうのこうの関係なく、購入決定に至ったしだいであります。
ついでに、次に寄ったCD屋に置いてあったフリーペーパーもこれまた宇多田表紙だったので即行奪ってきました。

ワタシはどんだけ宇多田ヒカル好きなんでしょうか。
そしてどんだけ「ぼくはくま」好きなんでしょうか。
でも、中居さんも好きだって言ってるからいいもんね~。へっへ~んだ(開き直り)




さて、彼女にとって、「ぼくはくま」とは一体何なんでしょうか?
  1. SMAP
  2. | comment:2
なんだこれは? :: 2008/04/18(Fri)

ようやく :: 2008/04/18(Fri)

ずっと求めていた1カラム(プラグイン対応)テンプレが!!!
作ってくださった方、ありがとうございます!
「Entries+Comments」欄がなぜかエラーになっちゃうけど、まあ、いいや。そのうち直るでしょ(←テキトー)
(「Entries」と「Comments」を分けたら解決できました。なんでだろ?)
メニューは右の部分をクリックするとポップアップされますので、よろしく~。

ポップアップといえば、この前近所でPopUpSMAPのショッピングバッグをぶらさげている人を見かけましたが…え、今ですか?(笑)いや、今よね。今さ、そりゃ。ハッタリですよね?今年はあるんだろーな!すまっぷ!!っつーね。
  1. お知らせ
  2. | comment:4
ぼくはくま :: 2008/04/15(Tue)

B000JVSXNGぼくはくま(DVD付)
宇多田ヒカル 冨田謙
東芝EMI 2006-11-22

by G-Tools


この曲は意外や意外、結構難しいぞー。
なのに、歌うのは我らがどんぐりーず(笑)
いいのいいの。音程なんて。
見てご覧なさい。宇多田ヒカルちゃんの嬉しそうなことったら。ちょっと泣きそうになってるし。中居さんのあのがなり声に思わず吹いちゃってるし。
その吹いた顔が、なんだかとてつもなくきれいに見えるのは、な~んでだろうね~。
そして、歌いきった中居さんに小さく拍手しているヒカルちゃん。
なんだかあんな柔らかい笑顔の彼女を見れて、ババは泣きそうになりましたよ。
そして忘れちゃいけない、バックでくま音頭(笑)を踊ってるおスマたちのな~んとまあ可愛らしいこと!

ああ、もう、なんだか幸せいっぱいだ。


ということで、まだ続きを見ます(オイ)
  1. SMAP
  2. | comment:15
「そこまで」 :: 2008/04/14(Mon)

今日のすますまはすべて“宇多田ヒカル with SMAP”にもってかれてしまった。
すぽーつすぺしゃるも楽しかったの。
けど、すべては、ラスト……何分だ?6分?…にもってかれてしまった。
今から何回リピートして寝ようか。
10回リピったら、げっ1時間か、むむううう。


タイトルは、明日(たぶん)また改めてスマスマ語りをする上での覚え書。


追記:6分なんてと~んでもない。10分もあったよ(喜)(←早く寝なさい)
  1. SMAP
  2. | comment:0
砂の器 第5話「崩れ始めた嘘の人生」~その3 :: 2008/04/13(Sun)

引き続き『砂の器』第5話、レビューです。
ここでひとまず第1楽章終了、ですかな。
  1. 砂の器
  2. | comment:0
砂の器 第5話「崩れ始めた嘘の人生」~その2 :: 2008/04/13(Sun)

引き続き、『砂の器』第5話、レビューです。
  1. 砂の器
  2. | comment:0
砂の器 第5話「崩れ始めた嘘の人生」~その1 :: 2008/04/13(Sun)

『砂の器』第5話、レビュー開始です。
無理にコンパクトにするのはやめました。(と思ったらとんでもないことに)
  1. 砂の器
  2. | comment:3
あの頃~の未来に~♪ :: 2008/04/09(Wed)

僕らは立っているのかなぁ♪

…って。
つい先だってもここでじゅにあっこたちを想って歌ったよう気がしますが。まあいいや、今回は本家本元だ。
はい。思わず『夜空ノムコウ』を熱唱したくなってしまった先日の春祭でした。
  1. SMAP
  2. | comment:5
砂の器 第4話「亀嵩の謎」~その2 :: 2008/04/09(Wed)

一話一エントリに固執しすぎて大事なこと書き忘れたあああ。
やめやめ!もう、無理にコンパクトにするのはやめたーーー!
こうなったらとことん長々と書いてやるーーーー(迷惑)

ってことで、結局、第2話レビュー「~その2」(←ひっそり追加)
  1. 砂の器
  2. | comment:0
世界中に傷つかない夢など何処にもない :: 2008/04/09(Wed)

先週からストスマのお当番が中居さんでして。
イケTELの女の子があそんぐをリクエストしてくれてまして、あそんぐ好きな中居さんをたいそう喜ばすことになり、まあとりあえず、その女の子に「ありがとう」…なんですが。
そこで聞き捨てならないことを中居さんが言ったのが妙に引っかかったので、それだけを言いに出て来ました。
ええ、中居さん、この曲が好きなのは「歌詞がいい」からなんですねー。
「今は(中学生だから)まだあの歌の意味が解釈できないかもしれないけど、もうちょっと大人になったら、改めて聞いたら、ホント、この歌いいなって思うよ」
「大人になったら、また聞いてな。あれ、詩さ、も一回さ」
だってさ。
へーー詩ですか、歌詞ですか、あなたがこの曲を好きな理由は。そして時々狂ったように(笑)かけまくる理由は。

ということで、確認のため、夜な夜なあそんぐを聴いてみた(えーーー)
  1. SMAP
  2. | comment:4
砂の器 第4話「亀嵩の謎」 :: 2008/04/09(Wed)

『砂の器』第4話、レビューです。
そろそろいい加減コンパクトにせねばと一エントリ完結を試みてみましたが、なんだかかえってぐちゃぐちゃに(苦笑)
  1. 砂の器
  2. | comment:0
うっかり :: 2008/04/06(Sun)

第4話のレビューをしようと思って見始まったら、うっかり、最終章まで見てしまいました(うっかりすぎる)
『砂の器』は一気に全話見るに限りますね。
っていうより、見始まったら止まりません。
そして、最終章まで見ると、特典映像の中居正広「宿命」演奏シーンまで見たくなり、さらに、それを見るとまた初回のチャイコフスキーを見たくなるというこの恐ろしい循環の嵐!
いやあ、こわいこわい。こわいぞ~すなのうつわ。

今も特典映像の「宿命」第2楽章演奏シーンを見ながら泣いておりました。
私は第1楽章よりこの第2楽章の方がより好きでありまして。
クライマックスは涙なくして聴くことはできません。
この曲を最後に和賀英良がこの世から消え去ります。
いえ、もう、曲が完成した時点で和賀英良は既にこの世から消えました。
だから、これはいわば、本浦秀夫から和賀英良へのレクイエムなのです。
第2楽章の途中で、中居さんが、この人泣きながら弾いてるんじゃないか?と思える場面があります。
時間でいうなら、第1楽章から合わせて18分くらいのところです。
もし、私が和賀英良のファンで、あのホールに居合わせていたとして、そしてあの姿を見たら…
たぶん居ても立ってもいられなかったでしょう。
オペラグラスを握り締めたまま発狂してしまうかもしれません(クラシックコンサートにオペラグラスはいりませんか?<でも和賀ちゃんだもん、あのビジュアルだもん。やっぱオペラグラスは必須でしょう)


さて、今は和賀英良に泣かされていますが、ちょっと前はサムガで中居正広に泣かされていました。
めったに出さない選手を出しやがりましたよ。
ええ、不動の3番ファースト、「BEST FRIEND」です。
「かけたくない」けどと前置きを言いながらかけるヤツに思わず泣き笑い状態です。
この曲はあの人のSMAP人生20周年で「揺るがない」曲なんだそうです。
めったに出さない選手を出すほど、SMAP結成20周年とは、あなたにとって特別なんですか?
  1. 砂の器
  2. | comment:4
砂の器 第3話「もう戻れない悲しみ」~その6 :: 2008/04/03(Thu)

『砂の器』第3話レビュー、これでラストです。
  1. 砂の器
  2. | comment:0
砂の器 第3話「もう戻れない悲しみ」~その5 :: 2008/04/03(Thu)

引き続き、『砂の器』第3話、レビューです。
  1. 砂の器
  2. | comment:0
砂の器 第3話「もう戻れない悲しみ」~その4 :: 2008/04/02(Wed)

以下、『砂の器』第3話レビューです。
全然レビューになってませんが(え)
  1. 砂の器
  2. | comment:2
砂の器 第3話「もう戻れない悲しみ」~その3 :: 2008/04/02(Wed)

一日に一度は『砂の器』を見なくちゃ気が済まなくなってしまいました。
こういう病気をなんていうんですか?>お医者さん(には、分かりませ~ん)
  1. 砂の器
  2. | comment:0
EYES IN THE BACK OF MY HEART/オフコース :: 2008/04/01(Tue)

B00005EJQDBack Streets of Tokyo
オフコース
ファンハウス 1994-05-25

by G-Tools

さっきラジオからオフコースの「君が、嘘を、ついた」が流れてきて、思わず仕事の手が止まってしまいました(いつものこと)
この曲、大っ好きで、前にレンタル屋を探し回った時があったけど、あれ?結局見付かったんだっけ?
…と言っては何度も同じCDをレンタルしてしまうこの習性をなんとかせねば(オイ)
(ちなみに、『砂の器』DVDも2度レンタルして、で結局購入に至りましたオホホ←アホ)
「君が、嘘を、ついた」は日本語の曲ですけど、これの英語版でこのアルバムに収録されている「EYES IN THE BACK OF MY HEART」が1985~6年に放送されていた「木曜ドラマストリート」という2時間枠の単発ドラマシリーズのオープニングテーマ曲でした。そして、同じく収録されている「ENDLESS NIGHTS」はエンディングテーマ曲。こっちも良かったよなあ、うん。オフコースいいなあ。
この「木曜ドラマストリート」ですが、あの当時の私にまさにクリーンヒットでしてねえ。
まあ、ほとんど赤川次郎原作のドラマとしか印象がないんですが、昔から好きで赤川次郎本を読み漁っていた私はこの「木曜ドラマストリート」に夢中でした。
だから、今でも私にとってドラマといったら「木曜日」なんです。月9は、月曜日は……ない(笑)
それにしても、あの頃は良かったなあ。
どうしてあんなにドラマに夢中になれたんだろう?…で、今はどうして…ごにょごにょ(お口チャック)
ああまた聴きたくなっちゃったよ。部屋のCD置場を探すよりレンタル屋に走った方がは~やいだろうなあ(←もう買っちゃえ)


追記:なんでこの曲?…と思ったら、そうか、今日はエイプリルフールか。「嘘」ね。なるほど。
  1. Music
  2. | comment:4