Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
なぜか運転適正の話 :: 2005/06/30(Thu)

大杉漣さんの見事な酔っ払いぶりには笑わせられましたが、
よくよく考えれば、エルメスさんの身になって考えれば、笑い話にすることなんて到底できない、と言うことをつい先日身にしみて感じました。
と言うのも、友人が、同じように酔っ払いに絡まれたみたいで…。
この辺の交通手段は電車ではなく車なので、トラブルも車間のものが多いです。
彼女は、ある場所の駐車場に車を停めようとしたところ、割り込みして入ろうとする車があったので、クラクションを鳴らして注意したそうです。
それに対して、相手は激しく怒り、罵声を浴びせたかと思うとそれだけにとどまらず車を降りて、なんと、彼女の頬を拳でぶったそうなんです。
その人は、やはりと言うか、体中から酒臭さを発していたようで。
彼女は、終わったことだからと気丈に話してくれましたが、
やっぱり、怖かったんでしょうね、涙目になっていました。
私も聞いてて、怒りと共に、彼女の経験した怖さを思い涙が出そうになりました。
エルメスさんも、頬を大杉漣さん(役名がないからすみませんね漣さん)にむんずと掴まれています。
アレ…って、怖かっただろうなあ、って今改めて思います。
そんな時に、自分を助けようとしてくれた人がいたと言うのは、どんなに心強かったか。
自分も決して強い人間じゃないのに、もしかしたら反対にやっつけられてしまって何の役にも立たなかったかもしれないけど、
でも、助けようとしてくれた。
ただ、それだけで、弱いながらも独りで懸命に生きている毒女にとっては、嬉しいものなんです。
電車くんは、本当に涙が出るくらいいいことをしたよ。
エルメスさんは、たったそんなことくらいじゃ電車くんには惚れないよ、
と最初は思っていたけど、いやいや大間違い。
全然「そんなこと」じゃないよ。とっても大きなことなんだよ。
エルメスさんは、やっぱりあの瞬間に電車くんに惚れてしまったんだわね(笑)
ブルブル震えながら、「や、やめろ…って、言ってるんです…」って蚊の泣くような小さな声で呟きながら、自分を助けてくれた電車くんに、一目惚れですよ。
それがヲタクだろうが、ミドリくんだろうが、関係ないんですよ(笑)

と言うことを、友人のその話を聞きながら、考えていました。


それにしても、本当に、電車の中でも路上でも、何が起こるかわかったモンじゃない。
実は、自慢じゃないですが、いや、こんなこと自慢するのは悲しいのですが、
私はそういう危ない人とか、怒らせるとキレル人とか、嗅ぎ分けるのが非常に上手だったりします…。
後ろにそういう人が来たら、怒られる前に素早く「どうぞどうぞ」と道を譲ったりします。
この人にはクラクションは鳴らさないようにしよう、とか瞬時に判断したりします。
そう。私の車の運転の仕方は、悲しいかな基本的に人を信じていません(笑)
多分、運転適正はかなり低い方だと思われます。
それは、そういう人間に囲まれて生きてきたせいです。
家族は、運転できない母と血の繋がりがない義姉以外、全員運転が荒いのです。
全員。…ハイ、私も含みます。
かーなーりーーーー運転は荒っぽいようです。(自他共に認める)
なので、友人が経験したようなトラブルを経験することは少ない方だと思いますが、
ただ、トラブルを起こす方にだけはならないように気をつけたいです(エ)
そして、中谷美紀ちゃんが舞台挨拶で言っていたように、
ちょっとは、助けてあげたい…と思わせるようなかよわい女の子にならねば、と思う次第です(ムリ)

って、アレ?なんの話だっけ?
スポンサーサイト
  1. 電車男
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ごめんなさい :: 2005/06/30(Thu)

自分の中で思うことがあり今日書いた記事を一つ削除しました。
コメントくださった方、ごめんなさい。
  1. お知らせ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ジャイさんたら~ :: 2005/06/27(Mon)

夏川りみ「涙そうそう」が映画化(WEB報知より)

ジャイさん(福澤克雄ちゃん)たら~。
映画初監督作品は中居正広で、って約束したでしょー。もー。(いつ)
「白い影」続編なんて、そんなありえないこと騒いでるから、実現しないのよ。
んもう。じゃあ分かった。
それなら、アナタの秘蔵っ子が、もう一人いたでしょ?
彼を使ってくださいな。
結構アキバっぽい子だけど、意外と沖縄のてぃだに映える子だと思うよ。
わ、そしたら、初映画出演だ!きゃっ!

てことはぁ~。舞台挨拶なんかも、来ちゃったりする訳?
わ~。またチケット頑張ってとらなくちゃ~。
って、ハ?ダメダメ?そんな、自分を見失うようなこと、もうしちゃダメ!
やっぱり、映画出演はご遠慮させていただきます!

って、すみません。またまた正体不明Xの話で勝手に盛り上がってます。
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
1位返り咲きおめでとぉ~う! :: 2005/06/27(Mon)

日本興行ランキング(6月27日更新)

すごいすごい!
首位返り咲きですってね!
それが、どのくらいすごいのか良く分からないけど、
もしかしたら、だから何?ってかもしれないけど、
でも、すごいすごい!
祝える時に祝っておけ!

ていうか、もう、そろそろ落ち着かせてくれ…山田さんよ…(嬉しい悲鳴)
  1. 電車男
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
持ちつ持たれつ :: 2005/06/25(Sat)

そうそう。今、『H2』DVDは兄に貸し出し中です。
兄がKの「over...」を着うたでダウンロードしたようで、それを聴かされた時「そういえば…」とDVD購入を知らせましたら、早速「貸せ」と言うことになりました。
ちなみに、兄のものである原作本は今も私の部屋にあります。
しっかり、全17巻分を収める入れ物まで用意して…。
あわよくば私の所有物に…となることを期待して(笑)
それとこの前、セカチューのマンガ版を彼の部屋で発見しました。
これもそのうち借りて読んでみようかと思います。

本当に、持ちつ持たれつです。

そんな兄妹であり同志でもある兄ですが、
『電車男』舞台挨拶に連続2回、そして映画のみでも1回行ったと言うことに関しては、
「お前、バカか?」
と言われてしまい、理解を得ることはありませんでした。
この兄に言われるってことは、相当バカなんだな、と自分でも思います。
ちなみに、確実にあと1回は行く予定ですが、
どうにかして、義姉には内緒で行きたいものです。(義姉と兄はツーカー)
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ポカリCM :: 2005/06/25(Sat)

セカチュー(特に大好きな5話)をまた懲りずに観ようと思ったのは、綾瀬はるかちゃんのポカリのCMを見たからなのかもしれません。
青い空と海、そして、水着姿のはるかちゃんがはしゃぐ画。
そこに映るすべてのものに、やはり、どうしても、アキの面影を感じてしまいます。
隣にいるのはもしかしてサク?…と錯覚してしまったりしています。
あのCMを作った方々は絶対セカチューファンに違いない!
と勝手に疑りの目を向けてしまってもいます。
それに、何と言っても、セカチューを思い出し涙を誘ってしまうのは、
はるかちゃんの、あの美しい髪。
あの夏からもうすぐ一年経つんですよね。
初々しいふわふわショートカットが、時の流れを遡らせ、気持ちを一年前の夏に戻します。

私はセカチューをリアルタイムに観ていましたが、
そして、毎回号泣していましたが、
ドラマの感想をこの日記に書くことはありませんでした。
が。アキの髪の毛がとうとう…の回だけは、どうしても書かずにはいられず、PCに向かいました。でも、
「泣けて、泣けて、泣けて、しょうがない…」
と、ただそれだけを書くだけでせいいっぱいで、他に言葉が見付かりませんでした。
どうにかなってしまったのかと思うくらい、泣きました。
そして、それと同時に、
「綾瀬はるかちゃん、本当に剃っちゃったの?」
と、やはり皆さんと同じく疑問に思い、いや、まさか、と思いつつもネットでどうなのかを確かめたりしました。
その時は確実な答えは見付からず、そのままになっていましたが、
やはり、はるかちゃん、女優魂を見せてくれたんですね。
それを知ったのはだいぶ後になってからだったと思います。
綾瀬はるかちゃん、本当に素敵な女優さんです。ハイ、しっかり貴女のファンですワタクシ。

CM、30秒バージョンゲットしちゃいましたよ、必死に。
大塚製薬のHPではメイキングも見られるようです。
  1. 世界の中心で、愛をさけぶ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
アキが言いかけたこと :: 2005/06/24(Fri)

久々にセカチュー語りです。
誰かさん(まが付く人・笑)の影響で、今猛烈にセカチューモードになりつつあります。
確か、昨日一昨日は猛烈にちゅらモードで、その前は水男モードだったような…。
電車中毒をどうにかせねばと思ってるのに、
治すどころか、逆に中毒を増やすって、どういうことよイッタイ。

と言うことで、以下雑感。
  1. 世界の中心で、愛をさけぶ
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
SAMPLE SMAP :: 2005/06/24(Fri)

3枚組み……う、うぇっ…
な~んて思ったりしてませんことよ、おほほ。
リミックス、ソロアルバム……う、うぇぇっっ…
な~んてことも思ったりしてませんわよ、おほほ。

どんなんでもSMAPですから。
聴いたら最後、虜になってしまうこと間違いなしです。
ライブが終わる頃には、車の中でせっせこテープ交換しながら(いまだにテープなんよ!)3枚ともヘビロテしてることでしょう。
あ、ちなみに、今はSMAPのテープは一つも車の中にありません。
この前車検だった時に車の中掃除して、テープ整理したまま戻してなかった。って、車検って、あれ?いつだっけ。そういえば、半年前…(エ)
この前、今年のライブ発表があった時に嬉しくて、
「帰りの車でSMAP聴くぞーーーーー!」
思って探したら、ひとっつもありませんでした。
ちなみに、今日もこのCD情報が嬉しくて帰りはすまっぷ~!
思ったのですが、やっぱり聴けません。この前戻しとくの忘れたよ…。
  1. SMAP
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
anego :: 2005/06/23(Thu)

終わってしまいましたね~anego。
もう黒澤に会えないのかと思うと、寂しいですね。って、そうじゃなく~。いや、やっぱりそうで~(どっちだよ)
仁さんがいい役をもらえて、オバチャン嬉しかったです。
まあ、惚れはしなかったけどね(山田孝之でいっぱいいっぱい)

モンゴル、本当に行って撮影したんだね。
馬に襲われる黒澤くんが可愛かったです。
それに、あんなに一生懸命走って~。走らされて~。
いや~若い。オッサンには無理だ(誰)
メールのやり取りは微笑ましかったです。
あのくらいの距離が奈央子さんにとっては心地良いんでしょうね。
あのまんま、一生つかず離れずの距離でいるような気がする、あの二人。
「メールちょうだい」
って、素直に言える相手っていいですよね。でも、
「毎朝8時にメールします!」
ってのは、言っちゃあダメだよ黒澤くん。
重荷になるだろうが。重荷になってるんじゃないかと考えちゃうだろうが。
いろいろ無理せず付き合える人間関係って、なかなか貴重なんだから。
これからも、幸せにそれぞれ生きていくんだよ~
と、エールを贈りたくなる、ラストでした。

けど、原作本とは結構違ったりしそうだよね。
林真理子さんの本は食わず嫌いで手に取ったことがないんですが、どうなんでしょ?
  1. Drama
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ほん どれか たのむ :: 2005/06/23(Thu)

「あ、帰ったら電車くん、見よっと」
と、そういえば今日運転しながら普通にナチュラルに、そう思っている私がおりました。
「帰ったら」
って、あーた、セカチューやWBじゃあるまいしDVDも何もないでしょって。
実を言うと、山田日和BBSさんで盛り上がってたチッスのシーンを、あのブチャイクで全然色気のないチッスのシーンを、ロムっているうちに無性に見たくなってしまって、「帰ったら…」と思ってしまったのでした…(笑)
くーーー。DVD、早く出ないかなあ。
何度もリピって見たいなあ、電車くんのブチャチッス。

まあ、そんなこんなでだいぶ電車中毒から抜け出してきているような塩梅でございます。(って、えええええええ?)
別の所に思いを向けねば、と思って今無性に欲が沸いているのが、読書。
本。本が読みたい。
電車男のサントラをBGMに、本を読みたい。(って、やっぱりまだ電車ジャン)
ここ数日で続けざまに本を読んでしまっただよ。
読む本がなくなっちまっただよ。
何か、お薦めの本などございませんでしょうか~?
  1. 電車男
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
ヲタバンザイ :: 2005/06/23(Thu)

電車くんは今でもフィギュアとか集めてるのかなあ、
って、今日ふいに思いました。
ヲタクのままのありのままの姿を最初から受け入れてくれたエルメスさんだから、
電車くんの楽しみを奪っちゃったりなんかしないよね。
電車くんも、無理してないよね。
ビデオレンタル店で、アニメの陳列棚をうらめしそ~に見ていた電車くん。
やっぱり、エルメスさんはエルメスさんとして別にして、彼にはそっちの世界に愛すべきモノがあるのよ。それは変わりはしないのよ。
それを含めて電車くんだから。
どうかエルメスさん、まるごと受け止めてあげて!
と、そんなことを思ったりしてしまった今日の私でありました(笑)

そういえば、後日談かどこかで、エルメスたんも何かヲタ的要素があったと電車くんが報告していた部分がありましたよね。
そうよね、あの年(あ、いくつの設定だっけ?)まで独りで生きてきたんだもの、
ヲタの一つや二つ、ない方がヘンなのよ(エ)
って、何もかも自分を正当化しようとして発言していますね?私(笑)

それにしても、エルメスたんは何ヲタなんだろ~?(←※中谷美紀で想像中)
  1. 電車男
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
電車男サントラ :: 2005/06/23(Thu)

「電車男」サントラ、ようやっとレンタルしてきました。
あ、そういえば、今日本屋に行ったら「電車男」本が山積みになってました。
ついこの前まで、帯も「映画化決定!」の文字だけのでいつになったら写真付きになるんだよ~とぶーたれてたのが嘘のように、今日行ったら、
・テレビ映画コーナーで15冊組で4列
・新刊コーナーで1列
・そして顔を上げてみれば陳列棚にだだだだーっと数冊
…って、数えたんかい。
いや~どうしたんでございましょう、この騒ぎっぷり。
はてさて、もし今山田孝之キャーじゃなかったとして、この騒ぎをどう感じただろう自分。
いや、山田孝之キャーでも、この現象は摩訶不思議です。謎です。
へぇ~そんなに売れてるんだ~ってまるで余所の世界のお話のよう。

さて、「電車男」サントラ。
いい。いいね~やっぱり。
ベースで流れているメインテーマが、どこか物悲しく、電車くんの滑稽な動きよりも切ない表情を思い出してしまい泣けてきます。
タイトルは面白いですよね。
あれ、作曲家の服部さんが、タイトルから曲を作ったのか、それか、画を観てから曲を作ったのか、で、それから、これは~フンフン「でもやっぱり無理ぽ」にしよ~っと、あ、これは~「マターリしてもちつきます 」にしよ~っと(はぁと)、
とか考えたんでしょうか。うわっ考えたら服部さん、可愛いっ(勝手に想像すな)
ま、画を観てから曲を作ることは、あのタイトな撮影状況じゃ無理だったんでしょうね。
そんな中、数々の素晴らしい曲を作ってくださってありがとうございました。
もう、音楽もそうですがすべてにおいて、まさに奇跡と言うしかないくらいの素晴らしい映画でした。
関係している皆さんにアプリシエーションの気持ちを贈りたいです。
  1. 電車男
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
博士の愛した数式 :: 2005/06/22(Wed)

410401303X博士の愛した数式
小川 洋子
新潮社 2003-08-28

by G-Tools

「偶然が三度重なったらそれは運命」
でしたっけ。anegoの奈央子さんの持論。
そういえば、私が本やCDを買う時の決め手が、もしかしたらこれかも。
一度読みたいと思って二度読みたいと思うきっかけがあって、三度目にはもう迷わず手にする。そんな感じ。
この、『博士の愛した数式』を読むようになったきっかけもそれでした。
1.朝、めざましで、この本が大好きな深津っちゃんと寺尾聡さんによって映画化されるらしいと聞く。
まず、その「愛」「数式」という一見相容れなさそうな二つの単語に惹かれ、紹介された人物設定(80分しか記憶がもたない「博士」とその家政婦「私」そしてその息子「√(ルート)」)に惹かれる。
2.そして、その日のお昼休みにお気に入りのサイト巡りをしていた時に、偶然この本の感想が書かれているblogを見つける。
3.そして、その夜会った友達が、愛しそうに何かを抱きかかえてるのを見て、「何?」と聞いたら、この本だった。
と、この三度の偶然。
これは、もう、"買い"でしょう~(笑)
閉店間近の本屋に駆け込み即行で手に入れました。

その友人がまた可愛らしくてね~。
本当に両手で包み込むようにそれはそれは愛しげに抱きかかえているんですよ。
そして、それはそれは嬉しそうに
「数学って、エレガントなのよ~~~」
と言ってました。
数学がエレガント?何を言ってるんだ、この人は。
と思いましたが、その日の朝に聞いた「愛」「数式」の単語の組み合わせにその友人の「エレガント」という単語が加わり、読む意欲がますます沸いたのでした。

ということで、以下雑感。
  1. Book
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
歌う勘九郎 :: 2005/06/21(Tue)

今「ウォーターボーイズ」観てます。
勘九郎ったら、かわえ~~のぉ~~~(←ババア)

5話。
バスの中でマシャを熱唱する勘九郎。
というか、山田孝之。
レンタルで観た時、このシーンで思わず仰け反りました。
歌い方が、下手な歌手よりもプロっぽい。
さては、カラオケの帝王だね?キミ。
可愛いふりしてあの子わりとやるもんだね~と~(byあみん)
歌声はプチデブちゃんがじゃまでよく聞き取れないけど。
いいなあプチデブちゃん。あんな近くで歌う山田を見れて。

このマシャを熱唱する勘九郎をもう一度観たくてDVDを買ってしまった、
と言っても過言ではないくらい、このシーンはツボでございます。

さあ、もう一度観よ~っと。
てか、そろそろ電車男モードから抜けてみるかと頑張っているんですが、
それでWBに逃げてるって、治療法としては大丈夫なんでしょうかね。
  1. 山田孝之
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
げげっ :: 2005/06/21(Tue)

そうでしたかあ…見付かっちゃっておりましたかあ…(汗)
では、アンナコトも、コンナコトも、もう既にバレバレですね?
そそそ、それはそれは、なんともお恥ずかしいこって(笑)

でも、近況報告する手間がはぶけた(笑)
またいつか機会作ってくっちゃべりましょうね~

以上。私信でした。失礼しました~
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
対岸の彼女 :: 2005/06/21(Tue)

4163235108対岸の彼女
角田 光代
文藝春秋 2004-11-09

by G-Tools

最近読んだ本。「対岸の彼女」角田光代著。
題名も表紙カバーも覚えがある本ですが、手に取ったのは初めて。
母が何かの番組で作者の角田光代さんを拝見し、
あまりの素敵さに彼女のファンになったらしく、
「アンタ、これ、読みなさい」
と無理やり買わされ、読むことに相成りました。
まさに、この親にしてこの子あり。
ミーハーなのも今山田孝之キャーなのも何もかも、アナタのせいよ(笑)

と言うことで、以下雑感。
  1. Book
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
Musical Baton :: 2005/06/20(Mon)

ブロガーの皆さんが楽しんでいらっしゃる"○○バトンを繋いでいこう!企画。
これは、私にとって遠い世界のお話であって、まったくもって自分に降りかかることがあろうとは思いもせずにただただ傍観しているだけでしたが、
なんとなんと、ナンデカフラメンコ★ダッシュのたまこさんより、
「Musical Baton」
が回ってきてしまいました~。ひぇ~~~(動揺)
ていうか、え?たまこさん?あのたまこさん?
中居ファンになりたて当時から勝手にお世話になっております。
大・好・きです!(勝手に告白)
そのたまこさんがこの駄日記を読んでくださってると知っただけで、満足です。
「Musical Baton」バンザ~イ!

って、それで終わりじゃいけないですね。さっさと答えやがれってか(笑)
あ、もう一つ、グダグダ言わせてもらいますと、
最初、SMAP関連またはジャニー関連のバトンだと思って焦りました(笑)
回してもらえるなら、だったら半年前(山田孝之を知らなかった頃)か、もしくは3ヵ月後(その頃はだいぶライブモードだろうと)に回してもらいたかったですーーーー残念っ!と。
ははは。別にジャニー関係ありませんでしたね。焦るな私。

では、さっさと答えていきましょうかね。(前置き長すぎっ)
  1. Music
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
ロングラン決定~! :: 2005/06/20(Mon)

「電車男」3週拡大公開(WEB報知より)

つい先日100万人観客動員&原作本100万部突破をお祝いしたばっかりで今日このニュース。
どんなに好評でもロングランは無理との声に、
でも良くやった!飛ぶ鳥跡を濁さずだよ山田孝之!
と、これまた微妙にことわざ違うかもですが、私なりに自分の中で納得し小さく拍手喝采をおくって終わろうと思っていましたが、
今朝、めざましでこのニュースを知って、もう、大、喜び。
まだまだ終わっちゃくれないんだね、電車祭りは!
朝ごはん作ってて包丁で指切っちゃって流血惨事になったこともすっかり忘れ(今思い出した~痛い~)、にっぱにっぱしておりました。
で、すぐさま横にいた母に教えたら、
「やっぱりね~。正義は勝つのよ~」
と、これまた大喜びしておりました。
って、微妙に喜び方がずれているようですがそれには理由があって、
彼女は「電車男」の何がいいかって、
多くの人が人の不幸を見ても見て見ぬふりをする昨今、勇敢にも人助けをした!
と言うことにいたく感動しておるのです。
恋愛映画とか純愛映画とか2ちゃん発信とか、そういうのはまったくもって関係なく、
彼女にとって「電車男」は、ヒーローものの映画らしいです、ハイ。
あ、ついでに、昨日もいきなり、
「パソコン、私もやってみようかなあ」
などと言ってきました。
何の話かさっぱり分からずにいたら、それも「電車男」の影響みたいで。
昔からパソコン触れば~言っても全然聞かない人だったのに、
よりによって悪名高き2ちゃんねるのやりとりを見て、PCに目覚める
って、これ、一体どうなんでしょ。何がやりたいんだあの人は(笑)
  1. 電車男
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
恵達待ち? :: 2005/06/19(Sun)

恵達抜きにして、私は昔から『ちゅらさん』の大大大大大ファンであります。
以前から密かに日参しておりましたはいたい!ちゅらさんの管理人さんcaanaさんのblogに今日も訪れましたら、先日開かれた第4回ちゅらさん祭りのレポがあり、その中で続編について触れられていた模様。
「ちゅらさん4はやらないのか?」の声に、脚本の岡田惠和さんがこう答えたそうです。
「やりますよ!でも大所帯なので全員集めるのが大変なんですよ。世界の中心に愛を叫びに行く男がいたり、電車男になる男がいたり(笑)ちゅらさんはみんなのドラマなので全員がちゃんと参加出来ないと。(―略―)そういう機会があればそんなにお待たせせずに4も5もやりたいと思っておりますし。」(岡田さん)

ハハハッそっか、恵達待ちなんだ(笑)
すみませんねぇ。愛を叫びに行っちゃって。電車男しちゃって。
って、な~んで私が謝らなきゃーいかんのだ。
まさかね、山田孝之ファン目線で『ちゅらさん』を見る日が来ようとは思いませんで。

そういえば、『ちゅらさん3』はセカチュー真っ最中の時だったんですよね。
恵達の出番が少ないことは別に気にはならなかったんですが、
あの、サクちゃんの髪型だけはどうにも許せなかった、と言うことだけは覚えています(笑)
  1. 山田孝之
  2. | trackback:1
  3. | comment:6
瑛太さん :: 2005/06/16(Thu)

お終いにするとか言っておきながら、『電車男』感想補足(ぉぃ)
  1. 電車男
  2. | trackback:2
  3. | comment:5
リハビリ :: 2005/06/16(Thu)

中毒はやっぱりいけません。
中毒。依存。
私が一番避けたいものです。
「無人島に何を持っていく?」
と言う質問に、
「身一つあれば大丈夫」
と答えたい私でありますから。

電車男中毒もお終いにしたいんですが、無理…なんでしょうか。
無理…かもしれませんが、そろそろリハビリでもしようかな、
と、今日ちょっと友達と話してて思いました。
今日だって本当はプールに行くはずだったんですが、
最近ずっと断わりっぱなし。
どうしたの~?調子悪いの~?
って心配されています。
心なしか顔色悪くない~?
と、この前言われて、いや、別に元気なのに、もしやそれはただの年のせい?
とか思ってちょいと凹んだりもしました(苦笑)
そう、今私、体調が悪いことになっています。
いや、本当に、疲れてるは疲れてるんですけどね。
電車や山田孝之やらにエネルギーを奪われすぎてますから(笑)
でも、そろそろ、別の所にまたエネルギーを使おうと思います。
と言うことで、今週末はちょいとアウトドアーをしてまいります。
(実は、そんな約束をしていたことを今日まですっかり忘れていた・笑)
リハビリをかねて、だんだんと体を動かしてみようと思います。

ちなみに、山田孝之好きについては友人の誰にも言えてません。
本当に好きなもの、本当に言いたいこと、
は、昔からいつも誰にも言えない私であったりします。
言う時はいつも、当たり障りなく№2のもの(人)を言ってしまう、ズルイ私です。
そして全然関係ないかもですが、昨日、母親に、
「アンタ電車男に似てるよね」
って言われてハッとさせられた私であったりします。これが、私です。(ヒロシです)
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
電車男中毒 :: 2005/06/16(Thu)

電車男感想もどき~その2~(長いよ~)
  1. 電車男
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
三度目 :: 2005/06/16(Thu)

本日三度目の乗車をしてまいりました>『電車男』。
何度も観てナニが面白いのか点検させろ
と、わーわーうるさい母親と一緒に。
水曜はレディースデーなんですが、でも結局、なんだかんだで18時台にも間に合いそうもないので、レイトショー参戦と言うことになってしまいましたけどね。
いったん帰って母親を連れて地元の映画館まで行ってまいりました。

レイトショーなのに、ずいぶん人が入ってましたよ~。
座席指定の所で、まさか遅い時間だからすいてるだろうと言う勝手な先入観で、隣の人から一つ座席を空けて番号を確かめずに座ったんですが、ハイ、間違ってたみたいで。
「お客様、一つ座席ずれていらっしゃいますよ~」
とスタッフの方に注意されてしまいました。恥ずかしい~。
だって、まさか、あの時間でぎゅーぎゅー詰めに座らせられると思っていなかったのよ。
参ったよ。電車男。すごいじゃん。電車男。

地元~イイじゃん~。結構ノリが良かったよ~。
今までで一番笑い声が飛んでました。
うちの母親なんて、真っ先に笑ってましたし。
どこだっけ?あ、あのメンズウォーター試供品のとこだ。
電車クンの差し出した手が宙に浮いた時、一発目に笑ってました、うちの母親。
おっなかなか反応イイじゃんって最初は嬉しかったんですが、
でもあまりに笑いすぎなので途中で「シーーー静かにッ」って怒ってしまいました(笑)
2ちゃんどころかインターネットさえ分かってるかどうか不安だったんで、帰りに「意味分かった?」って聞いたら、「私をバカにするな」と怒られましたよ(笑)
ええ。「面白かった」ってさ。
けど、何度も観る意味はやっぱり分からないとさ。ははっそっか!
  1. 電車男
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
電車男ロケ地詳細情報 :: 2005/06/14(Tue)

P505iS0002031928s.jpg P505iS0001769774s.jpg

電車男公式HPにロケ地詳細情報がUPされている模様。
実に詳細です。例えば、
渋谷公会堂前の路上 (キャンギャルから整髪料の試供品を受け取る電車男)
明治通り 並木橋近辺の路上 (雨の中走る電車男)
明治通り 渋谷区東近辺の路上 (派手に転ぶ電車男)
そんなとこまで詳細に教えてくれなくても、
と言う感じがしないではないですが(笑)でもマニアックな所がらしくて素敵。

で。実は私、4日の初日舞台挨拶の時にその中の一つに行ってまいりました。ココ↓
宮下公園前PICASSOビル3F 「347カフェ」 (電車男とエルメスのデートシーン)
  1. 電車男
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
サブイボ~ :: 2005/06/14(Tue)

そんなこんなで、まるでニキビ面の中学生みたいにイジイジしていたら、
魔女さんのところで、素敵な記事が。

『東京新聞』6月11日朝刊に山田孝之インタビュー記事アリ。
それが、読んでて鳥肌モノでした。
「演じる人間そのものになりきりたい」

「作品に仕上げるのは監督だけど、芝居をするのは僕ら。周囲が想像もできない動きとか、訳のわからないアドリブとかでも、それがホントにその人の気持ちなら、一番正しいと思う。」

「例えば、生まれてから死ぬまで二人だけで生活してても、相手のことは完全に理解できない。それでも、極限まで演じる人物を分かろうとするのが役者。」

この人、本気だ。そして、本当に芝居ヲタクなんだな。
そこまで考えて役にのぞんでいるのか…毎回。
しんどいだろうなあ。
しんどいだろうけど、やり遂げた後の満足度は最高だろうなあ。
そして、魅せてもらう私ら観客視聴者にとっては、最高だろうなあ。
だって「生まれてから死ぬまで…」のくだり、ここまで考えますか?普通。
脳天ぶち抜かれるかの勢いでこれを読みましたよ。
実際、サブイボ(鳥肌)立っちゃいました。
演じるために膨大なエネルギー使ってそうだよ、この人。
一人の人格を自分の中から生み出しちゃうんだもんね。すごいさ~。

次はどんな役を生み出してくれるのかなあ。
ええ、次です次。
わたしゃ~鬼と呼ばれても構いません。
心優しきファンの方々は、"山田孝之に休息を!"運動を繰り広げていらっしゃるかもしれませんが、
私はそれには参加できそうもありません。
彼は、役者業が心底楽しいんでしょう。
毎度毎度「できるか?ここまでできるか?」とサバイバル状態かもしれませんが、
でも、デキル子なんだもの。やらせてあげなきゃ。

それと、今のこの情緒不安定な気持ちからどうすれば抜け出せるか考えた結果。
「山田孝之の"次回作"を考える」
…と言う治療法が一番だ、と言うことになりましたので、あしからず(ぉぃ)
これを考えた途端、元気になったんですよ(笑)
ああ、もう、すっかり、山田病患者だよね~また病気増やしちゃったよ~コホン。
  1. 山田孝之
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
え~ん :: 2005/06/13(Mon)

またまたお昼休みに書いた記事をサクッと削除しました。
泣き言たっぷり弱音たっぷり。ネガネガネガ~だったもので。
  1. 山田孝之
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ラブ・ストーリーは突然に :: 2005/06/12(Sun)

B0007WG6C2H2 ~君といた日々 DVD-BOX
山田孝之 あだち充 石原さとみ 田中幸太朗
メディアファクトリー 2005-06-10

by G-Tools

特典映像はとりあえず置いておいて。
まずは、2話よ、2話。
そう、2話を見ていなかったのよ、私。
ええ、H2は見続ける予定はなかったのよ。
見ないこと決定で、2話は捨てたのよ。
けど、あの日、あの時、
時間が空いたから、と、することもないので録り溜めしておいたドラマでも見るか、
と、ふと手に取ったビデオテープにH2が入っていなければ。
せっかく録ったんだからせん別代わりに1話だけでも見てやるとするか~しょうがない~
ってな、軽~い気持ちで見ることがなかったら。
今の私はいなかったのネ。
人生って、本当に、瞬間瞬間で道が大きくズレ(?)ますね。

あの日あの時あの場所で君に会えなかったら
僕らはいつまでも見知らぬ二人のまま~♪

(『ラブ・ストーリーは突然に』作詞小田和正より一部引用)

ということで、2話、2話。
アタマと心は未だ電車くんに持っていかれてしまっているので、
まさかもう比呂にはときめかないと思っていたのに、あ~らま~。
手遅れだよ。お前に投げる楽しさ覚えちまった。

くーーー。これかあ。2話はこの名文句があったのかあ。
ふぅ…。またまた比呂にときめいちまったよ。
大好きな原作国見比呂の名台詞を山田孝之が音声にして表すと何故か全部ど真ん中ストライクにはまってしまうんだよなあ。
大好きな国見比呂を、もっと好きになってしまうんだよ。
なんでかねえ。やっぱり、演技が上手い、んでしょうか、あの人。
それはそうなんでしょうけど、なんか、悔しい。
そんなひと言で片付けてしまったらもったいないくらい、
あの人は、私の大好きな国見比呂そのものになってくれました。


特典映像も、途中からどっぷりはまった私にとっては嬉しい限り。
これは、買い、でしょう、やっぱり。
が、あの、隠し映像だけは、どうも解せません(笑)
アレにはなんの意味があるんでしょ?
あの隠し映像を5巻分合わせると何か暗号が浮き上がってくるとか、もしやそんなトリックが?(ない)
  1. H2
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
Photo3 :: 2005/06/12(Sun)

P505iS0003211592s.jpg

そんなこんなで
夢中で携帯カメラをカシャカシャしていたら、
思わぬ収穫が…。

これ、健ちゃんの水門じゃない(涙)
(@金八5シリーズ)

今こうして、山田だ~中居だ~騒いでますが、
私のミーハーの原点は、実はコレであります。

健ちゃん、元気でやっていますか?
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
Photo2 :: 2005/06/12(Sun)

P505iS0003014979s.jpg

ふと横を見ると、
そこには虹が…。
それも、二重の…。
(右の方に、もう一本の虹がかすかに…)

こんなささいなことで、
幸せな気持ちになれるお安い私。
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
Photo1 :: 2005/06/12(Sun)

P505iS0002556224s.jpg

今日も東京へ…。
なんと、この一週間で三度もお江戸入りしてしまった…。

首都高から見える東京の夕焼けも、
なかなかいいじゃん…
と、空を見上げていたら…
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。