Let It Be




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
木村拓哉より大泉洋 :: 2004/11/25(Thu)

めでたくもSMAP的ショック第一号を味わった昨日、
実は『ハウルの動く城』を観てきていたのでした。

順番としては『2046』と『笑の大学』の方が先の予定だったはずなんですが、どうも、この前映画館でこの予告を観たらハウルに一目惚れしちゃったみたいで。
予定変更でこっちを先に観てしまいました。
そして、昨日は昨日で、またまた予告編で流れた『東京タワー』の岡田くんがあまりにも素敵んぐでまたもや一目惚れ(ぉぃ)
この前流れたのより長くなってるし~。松潤映ってるし~。きゃ~(壊)

思いのまま気の向くまま、川の流れに身を任せて、私は生きています。
スポンサーサイト
  1. Movie
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
紅白こもごも~その3~ :: 2004/11/25(Thu)

朝、通勤途中の車の中。
いつものようにラジオを聞く。
紅白にSMAPが出ないとの情報を伝えるNACK5DJ大野勢太郎さん。
一緒に事務所からのメッセージも読み上げてもくれた。
「納得の行く理由だね。けど、残念だ」
みたいなことを言ってくれる。
ファンじゃない方が残念に思ってくれるのが、誇らしくもあり、嬉しくもある。
そして、その後流れたのがアノ歌。「そういえば、この歌、去年のなんだよね」と大野さんも言ってたアノ歌。

『世界に一つだけの花』

ナンバ~ワンに~ならなくてもいい~もともと特別なオンリ~ワン~♪



久々に、この曲で涙が出た。
やっぱり、いい曲だ。やっぱり、彼ら、SMAPの、曲だ。
  1. SMAP
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
紅白こもごも~その2~ :: 2004/11/25(Thu)

今朝、めざましTVを一緒に見てた義姉に、
「今年、SMAP、紅白出ないんだってさ」
と言ったら、
「え。解散???」
なんて、オソロシイことを発言してくれちゃいましたヨ。オイオイ、アネさん…(苦笑)
「まさか。それはないよ」
と、私。
「けど、ソロ活動が多くなったってことでしょ?
 これから、もっと多くなるんじゃない?
 例えば、キムタクコンサートとか。
 中居くんのトークショーとか。
 あったら行きたいでしょ?○ちゃん(私)」
と、義姉。

おい、ねーさん。なんで木村がコンサートで中居はトークショーなんだ?(笑)
コンサートって行ってくれよ。お願いだから。
や、あったら、多分(絶対)行くけどさ。トークショー(笑)
  1. SMAP
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
紅白こもごも~その1~ :: 2004/11/25(Thu)

紅白出場歌手が決定したとネットで知る。
まず、「SMAP」の文字に胸が高鳴る。
出場歌手がどうたらじゃない。とりあえずこの4文字に心は乱れる。
そして、次に「辞退」という二文字が目に入る。

ショック。

うわ~私。スマさんサプライズ情報でショックを受けたの初めて(笑)
と、笑ってしまった。
そういえば、そうなのだ。
彼ら(または事務所)が発信する突然の情報に毎度毎度驚かされてはいるが、それによって「ショック」を感じたのは初めてだったのだ。
いつも、彼らには喜ばせてもらっている。
胸を高揚させてもらっている。
だから、たまにはこういうのもいいじゃ~ないかと。

そしてまた改めて、私は彼らのファンだったんだな、と実感したりもする。
やっと、ファンになれたのかもな、なんてね。
だって、スマファンの皆さんが経験されてきた数々の「ショック」は、すべてリアルでは経験していませんもの。アレも、アレも(笑)
アレと、アレに比べたら、全然ショックの度合いが違いますけどね。
まあでも、
「今年のコンサートはなしです」
との発表が前もってあったとしたら、それが私の「ショック」第1号になったかもしれないですけど(笑)

けどでも、スマファンて、悲喜こもごもありますね。楽し。
  1. SMAP
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
犬ついでに :: 2004/11/23(Tue)

ジョンの純な恋物語
ジョンの純な恋物語
東真紀, 西脇辰哉, 岩戸崇

この曲はヤバイ。ヤバすぎる。
聴くたびいちいち泣いてる私もヤバすぎる。
多分この曲。兄(見た目はヤクザ)に聴かせたらイチコロだろう。
  1. Music
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
読売新聞一面記事 :: 2004/11/23(Tue)

「子犬3匹すくすく、母犬と無人の山古志村に16日間」

今日の読売新聞一面記事にこれが。
涙が出ました。
ちょうど新潟中越地震から1ヶ月経つんですね。
生きる力。
前へ進む力。
力。
パワー。
すごいなあ。生きてるって。

ちなみに、うちの犬ならどうだろう?と家族で話しました。
多分、三日も持たないで死んでしまうだろう、と言う結論が出ました。
人間がいないと生きていけないと思います。淋しすぎて。
飢え死にではなく、淋しすぎて死にます。
「うさぎってね、淋しいと死んじゃうんだって」(by小雪さん@『ひとつ屋根の下』)(←犬、です)


追記:すみません。個別記事へのリンクは厳禁だったそうで。外しました。
詳しくはヨミウリオンラインまで。今日付けの社会欄に記事があります。
子犬がめっちゃかわゆいです(涙)。ワン、ツー、……いたー!3匹目!!(号泣)
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
久々に韓国話 :: 2004/11/23(Tue)

祭日ですが、シゴトです。

昨日のチョナンカン氏、今更ながら見事でしたね。
ゴロちゃんも中居オーナーも目に入らず無視、ひたすらジウに話し掛ける、の図。
全部聞き取れてるし。返答できちゃうし。通訳さんお仕事なくなっちゃうし。
素晴らしい。素晴らしいの一語に尽きます。ハイ。

ところで。

私の韓国熱のその後はいったいどうなったでせうか…(笑)

いや、この前オトモダチに、「最近、中居中居だね、この日記」と言われて、そういえば、とふと我に返りました。
確かに中居中居言ってるかもしれないです。
てか、あんまり中居中居言ってる自覚がない、ってことが自分で自分が面白いね。
私にとって中居正広ってそういう存在なんですね(どういう?)

けど、意外に、韓国熱は冷めてはいないんですよ。実のところ。
韓国ドラマは木曜夜BS枠の『チャングム』しか見ていませんが。
年末の『冬のソナタ』完全版一挙放送はまたはまりにはまる予定で今から心の準備は万全でいます。

パク・ヨンハのコンサートも行くつもりだったんですが、プレオーダーで落選し続けています。
これは、もういいや、って感じです(早っ)

と、やっぱり冷めているじゃん、と見せかけておいて実は細々と熱を持っている分野が一つ。
それは、

ハングル

韓国語の勉強なんですね~。

昨日のビストロは、その点でとっても楽しかったんです。
ジウの言葉をちょっとでも聞き取れると嬉しかったし、
ついでに、チョナン氏の言葉も(笑)、通訳以外のちょっとした言葉を聞き取れると嬉しかったりしました。
ええ、ハングルの勉強は地味ながらも続いています。
と言うのも、ウォンビン好きの友達が韓国人と結婚するかの勢いでハングルを勉強していまして。
私は全くそんな予定は無いのですが(笑)便乗して勉強しております。
今度、そのカレが日本に来るらしいので、その時は私もチョナンカン氏に見習って、
食い付いて食い付いて、すっぽんのように食い付いて行こうと思っている次第です(←大迷惑)
けど。
韓国語を勉強し始めた頃は全然だったのに、最近では韓国語を勉強していると
「ヨン様好きなの?」
と言われてしまう、のが、非常に悔しい今日この頃です(笑)

いえ、ペ・ヨンジュンは別に嫌いではありません。
ハハハンと笑うあの微笑みは、人をとりこにして離さないのも仕方ないと思います。
が、ここで一言言わせていただくと。
ペ・ヨンジュンは、芸能界での命は短いんじゃないかと思われます。
紅白も、「自分はバラエティー向きではないから」(紅白はバラエティーか?)と言う理由で断ったらしいですが、本当に、あの人はテレビ向きじゃないと思います。
普通の人がテレビに出ちゃったら、あら人気が出ちゃった、どうしよう、別に長く続ける気持ちも力も本当はないのに、周りが自分の思う以上に盛り上がっている。どうしよう。えい、勢いでやっちゃえ!…でもやっぱり器じゃないんだよな…。
…と、そんな感じに見受けられます(反論は勘弁してね>ヨン様ファンの方々)
上手く言えないけど、彼は芸能生活に関して「命短し恋せよ乙女」な気がします。
そんな儚さがまたなんとも言えないと言うならいいのですが、私はそれよりも、この世界でやってくぜ~売れてやるぜ~ファンを楽しませてなんぼだぜ~(それはポポロの中居さん<ラブ)と言う、芸能界で生きるのが天性、神様から与えられた天職、のような人が好きなんです。
なので、パク・ヨンハとイ・ビョンホン、ついでにチェ・ジウは大好き(笑)
やる気満々、って人が好きですね(↑の三人は見るからにやる気・笑)

って。
言いたいことが結局解らなくなってきた(ぉぃ)ので、そろそろシゴトに逃げます。
  1. 韓国ドラマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
2002年々末DVD :: 2004/11/23(Tue)

2002年々末のスマスマ「SMAP実録裁判」鑑賞中。
新選組のど迫力な慎吾ちゃんを見ていたら、無性にこの時の「あおね、あおね」が見たくてたまらなくなったので。

2002年々末。去年、一昨年になるのか。
この時期にようやく、SMAPに堕ちたとはっきりとした自覚が芽生え、完全降伏、白旗をあげたんですよね。
あっちゃこっちゃに紛れ込んでたスマ映像をDVDにしたこの一枚。My Best DVDとも言える一枚です。

その中身とは、

『うたばん』SMAP vs とんねるず卓球対決
『MステSP』「FIVE RESPECT」(そういえば、この時「freebird」も歌ったはずなのに、これはなくなってるのはナゼ?>自分)
『SMAP×SMAP』SMAP実録裁判
『東京フレンドパーク』
『情熱大陸』つよぽん密着
『SMAP×SMAP』スマ1グランプリ後編(仕切り直し)(←前編と言うか本ちゃんのがこれまた行方不明)
『SMAP×SMAP』EDT「小さい頃怒られた?」&「世界に一つだけの花」ライブver.

その他、いつだか分からないスマスマEDT&歌、少々。
・「メンバーの変わってる所?」&「SONG2」
・「初めての一人暮らし」&「Five True Love」

以上。

この後、年明けに『白い影SP』が続いて、一気に坂を転がるように堕ちていったのよね。

私にとって、最高のSMAP年末スペシャルプログラムでした。
今年はどんなんかなあ?
SMAP5人のドラマも楽しみだけど、でも、また実録裁判みたいなん、やってくんないかなあ…。



今日のスマスマもついでに(ついで?)ひと言二言。
■チェ・ジウの豪快な食べっぷり、大好きさ。
■つよぽん、ジウばっかりじゃなくて、メンバともしゃべってあげて。
■ビョンホンは原田泰三なんかじゃないぞー!>木村(怒)
■EDT、なんかあっさりだなあ。
■「花」は、↑のドリスマライブver.は最高なんです。大好きなんです。
■歌ってる中居さんがふと、金八7の伸太郎に見えました。ナゼ?
■あ、そうか。だから伸太郎がめちゃくちゃめんこいんだ、私は(納得)
■いや、だから、ナゼに伸太郎?
  1. SMAP
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
チキンライス :: 2004/11/20(Sat)

チキンライス
チキンライス
浜田雅功と槇原敬之, 松本人志, 槇原敬之


車に乗っている時、この曲がラジオから流れてきた。
番組のシングルチャートで1位をとったらしい。
イントロが流れてきた時、私は隣にいる母に言った。

「わー1位だってさ。なんでこの曲が1位とるんだろうね~。
 嫌いなんだよ私。この人の歌。
 ダウンタウンの浜ちゃんなんだけど、この人、歌うと
 絶対当たるんだよね~。なんでかね~」

母が「どういう曲なん?」って聞くもんで、娘は説明した。

「ダウンタウンの松っちゃんの作詞なんだけどね。
 昔、松っちゃん家は貧乏で、クリスマスに七面鳥なんて
 高くて買えなくて、いつもチキンライスだったんだって。
 そんな貧乏だったのを、人に言うと、やれ貧乏自慢だ
 ってやっかむけど、だけどいいじゃないかって。
 貧乏でも幸せだったんだって。自慢させてくれよって。
 いい思い出なんだよ。自慢したいじゃないか!って。
 …そういう歌………なんよ。」

そしたら母、「いいじゃない!その歌!」と、大絶賛(笑)
て言うかね、実際私も説明しているうちに、
嫌いだったはずのこの曲がなんだか愛おしくなってきて、
最後「…」の辺りは目がウルウルしてました。私、アホ?かも。

てか、やっぱり1位をとる曲かも!よ(言ってることが違う)
怖ぇ~。マキハラワールドにまんまとはまってる?私。
それとも、私って意外と松っちゃん好き?
てか、もしや、私って意外に意外と浜ちゃん好き?え~~~~?(ぉぃ)


シングルってよっぽどじゃなきゃ買わないんですが。
この曲はもしかしたらその「よっぽど」の曲になっちゃうかも。
あ、あと、→の『花』も。
何度聞いてもいい。映画とリンクして泣ける。
リンクしてなくても、そのまんまで泣ける。
聞けば聞くほど、じわじわと購買欲が沸いてくる。
スマ版『花』も、こんな感じでじわじわと売り上げを伸ばしていったんだろうか。ってね。




追記:今、歌詞調べたら、曲の説明、チキンライスのくだり、微妙に間違ってましたね(苦笑)
  1. Music
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
MAILFORM :: 2004/11/19(Fri)

こういう時にトラックバックってするものなんでしょうか。
珍獣観察日記さんにて気付かせていただきました。

うちのMAILFORMも作動していませんでしたぁ…(汗)
何度か試してみたんですが、全然うんともすんともメールが届きません。
もし、こちらからメールを送ってくださったという方がいらっしゃいましたら
大変申し訳ありませんでした。
そういえば、プロフィールの所にもメールアドレスが公開されていないんですよね。
すみません。そのうち、違うMAILFORMかアドレスを掲示します。
とりあえず、外させてください。
申し訳ありませんでした~(ぺこり)

今までどうして気付かなかったのか、どうかその理由は聞かないでやってください(笑)



追記:プロフィール欄→にメールアドレスを公開しました。何かありましたら、どうぞこちらまで。
  1. お知らせ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ナニワ金融道6 :: 2004/11/19(Fri)

ですってね、ですってね。
灰原はんにまた会えるんですね~。

ハイ、この時言ってたのは、コレでした。
もちろん、バレバレでしたね(笑)
いや、と~~~っても面白かったです。
しゃっちょさんと灰原はんとの絡み、桑田さんとの絡み、そして、ゲストの女優さんとの絡み、いろ~んな中居くんが見れて、どれもこれも可愛くかったりかっこうよろしかったり、ウハウハものですね。
特に3シリーズがめちゃくちゃかっこうよろしくありません?
金融屋もサマになってきた頃の灰原はん。
目がコワイです。
体中からギラギラ感がにじみ出ています。
尖ってる。「ナイフみたいに尖っては触るものみな傷付けたぁ~♪」みたいな。
俺に触れたらやけどするぜ(あ、これは昨日のうたばんか)みたいな。

けど、身も心も冷徹な金融屋になりきれない、優しさを持つ灰原はん。
女の子に惚れっぽくて(惚れすぎ)女の子前にするととたんにウブ(死語?)になる灰原はん。
そして、何よりも、スーツ姿~~~~~~~~♪
かっけー。中居ちゃん、かっけーよ。かっこうよろしいよ!


おっさんになって、ほどよく腹も出たり引っ込んだりしてファンをヤキモキさせる中居さんから入った私は、あまり過去の中居正広にこだわったりはしない方なんですが。
ナニ金見たら、ちょっとだけ、懐古の気持ちが芽生え始めたりして(笑)
一昨日の『歌の大辞テン』でのSHAKEも。
過去のギラギラしい中居さんを見ながらちょっとだけため息が出たのはここだけの話ということで(笑)

体中からギラギラしく尖ってた、見てると胃が痛くなりそうな中居正広に、もっと早く出会いたかった。
…かな?(ちょっとだけ)


(『ギラギラハートの子守唄』作詞:康珍化より一部引用)
  1. SMAP
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
私内禁句 :: 2004/11/19(Fri)

TV誌の表紙がすべてSMAPになる(もう決め付け)12月ももう間もなくです。
11月も後半に差し掛かろうとしてますが、そろそろ、

「疲れた」

と言ってしまおうかと思います。
いや、精神的には健康そのものなんですが、肉体的に、結構キテるかもしれない。
昨日は割と早く帰宅できたんですが、運転中どうにも眠くて眠くて…。
帰ったら何はともあれ少し休もう。そして、ここの所暖かくて外していたコタツをまたセッティングして潜り込もう。
ただその一心でひたすらハンドルを握ってました。

コタツはぬくかったです。
コタツ大好き。
けど、眠いのに眠れなかったです。
それでも無理やり目を瞑って横になってたら、だんだん頭が痛くなってきたし。
やっぱり夜しっかりベッドで眠るのが一番ですね。
忙しくても、それがちゃんとできてるから結構気持ちは元気でいられるのかも。
疲れてるのにしっかり睡眠とれないってのが人間一番辛い、と思いますよ。

こ~んな弊害もあるようですしね。睡眠不足はコワイコワイ。
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
朝からドキドキ :: 2004/11/16(Tue)

SMAP「Xマス」ドラマ
Xマス演出!SMAPドラマ6年ぶり共演

にゃーーーーー。
めざましTVでこれがどど~んと紹介された時、嬉しくて泣いちゃいそうになりましたよ。
スポニチ買っちゃったよ。(ついでにTV Japanも)
朝からコンビニにかけ込むのなんて何年ぶりだろう。
SMAPファンとしては初のことやもしれん。
てか、ま~たあいも変わらずおんなじことやっちゃってるよ。
人間てそうそう変わるもんじゃないさね。

でも、なんかだかさ、嬉しくて嬉しくて。
このままじゃ一年を終わらせたくなかったんだね、スマさんたち。
ありがとうよ~~~(涙)(←さっさと仕事しろ)
  1. SMAP
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
超私信 :: 2004/11/13(Sat)

毎週金曜日 23:35~00:05

だそうだよ。(@と○ぎテレビ)
今日までかかってようやく、いつやってるかが分かったよ。
アレから幾年月(相変わらずオオゲサだね)、
ようやく、念願の『水曜どうでしょう』を見ることができたよ。

なんだか、コスタリカに行って幻の鳥を撮るとか言って、わちゃわちゃやってたよ。
コスタリカくんだりまでわざわざ行って、
ただ、その幻の鳥とやらをひたすら撮ろうとしてる大泉洋さんと、
それをひたすらさえぎって邪魔する鈴井さんて人がいて、
ただ、それだけなんだけど、笑えてくるのは、何故?
番組の意図はまったく、さっぱり、見えてこないんだけど、
なんだか、そのわちゃわちゃ感がアホウらしくって、小さく笑ってしまったよ。

そんな見方でいいんでしょうか?
なんで皆してどうでしょうどうでしょう言ってるのか、
何がそこまでさせるのか、
今はまだ、まったく、さっぱり、わからんけど、
でも、また来週も見てしまいそうだよ。
ハマったらどうしてくれるよ。
あんまりハマり出すと、ねえさん、収拾つかなくなるからね。
その時は責任とってくれるね?(にっこり)
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
3年B組金八先生 「踊れ魂のソーラン」 :: 2004/11/12(Fri)

あ~ん、伸太郎がめんこいよ~~。
わたしゃ、始めっから分かっとったんよ。あんたはエエ子や、絶対って。
そぉかそぉか、突っ張ってても本当は内心ビクビクしとったんだな?
気が小さいのを知られとぉなくて、いきがっとったんだな?
あ~ん、なんてめんこい。
ねえさん、そーゆう"ぎゃっぷ"ってのに、めちゃくちゃ弱いねん。
舞台の上で、手がぶるぶる震えだした時は、ねえさん、そこに行って「大丈夫っ大丈夫だからっ」て、その手をぎゅうて握り締めてあげたかったよ。
きんぱっつあんに大声で「勝負だっ」って発破かけられて、
やっと、やっと、全身に力が入り込んだあんたが「かまえ~~~~!!」言うた時、
もう、ねえさん、涙が出て出て仕方なかったんよ…。
ありがとう、ありがとう、きんぱっつあん。
ありがとう、ありがとう、3Bのみんな。
ってね。
もう、どうしてだかわかんないけど、感動して涙が止まんなかったんよ。

ソーラン節も、彼らならではのものだったね。
どこがどう違うって、上手く言えんけど、なんか今までと違かった。
ソーラン節の取り組み方がそもそも彼らオリジナルで、金八vs3Bの勝負だったから、なんだろうけど。
やればできるんだ、とか、そういう単純なものだけじゃなくて、
もっと何か違う深いものを教えてくれる、そんなソーラン節だった。ような気がする。

いや~、でも、きんぱっつあん、お見事でしたね。
きんぱっつあんが、きんぱっつあんじゃなくなって、悪いけど私も伸太郎の方に味方するところだったよ。
おいおい、元教え子を引き合いに出すなよ、どうせできないから、なんて始めから突き放すなよ!
よーし、分かった!きんぱちー!わたしゃもあんたと勝負だーーーー!
…な~んて、うっかり自分の歳を忘れて生徒の気持ちになってしまいましたわさ。
けどでも、それはすべてきんぱっつあんの演出だったんですね。
押してだめなら引いてみろ、じゃないけど、きんぱっつあんは、今までにない方法で、彼らと向き合ったんだ。
役者だよ、きんぱっつあん。…天晴れだよ…。

ソーラン節の時に、舞台下で、小さく、小さく、祈る姿がこれまた涙を誘いました。
きんぱっつあん、もしかして、自信がなかった?
自分を捨てて今までにない方法で彼らと向き合ったはいいが、果たしてそれが本当に正しかったんだろうか?
って、そんなふうに思った?
きんぱっつあんが祈る姿の背後に、いろんなものが隠されているようで、本当に切ない気持ちになりました。

でも本当に"せんせい"って職業は大変だ。
けどでも、ちゃんと、彼らにちゃんと向き合えば、きっと応えてくれるんだ。そう。きっと。大丈夫なんだ。
  1. Drama
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
どさどさっと :: 2004/11/11(Thu)

あるドラマのビデオをレンタルしてきました。
ざっと、5巻ほどあるやつ。
全部。
暇ないのに。
部屋のビデオデッキが壊れちゃって見れないのに。
それでも、今、どうしても見たかったの。
居間のビデオが空いている一瞬の隙に、ちまちま、見るの。見てるの。

主演は、あの人。

我らが中居正広さん。

タイトルは、アレ。

……

今はゆわない。ヒ~ミ~ツ~(何故に)
  1. SMAP
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
Invitation :: 2004/11/11(Thu)

てな雑誌を買った。

「SMAP×映画」なる特集を組んでくださってるようだが、これまた太っ腹な記事の多さでぶったまげた。
680円はお安い。
誰かがSMAPについて語っているのを読んだり聞いたりするのがこの上ない喜びの私にとって、
この特集記事はとっても魅力的。
そして、今この時期に、中居正広についても取り上げてくれるのも、
お情けとは言え(ぇ)嬉しい。
でも、今回の一番の購入の決め手は

「中居正広さんと言う人は、顔が美しいですよね」

の、このたった!たった!一文だったりするのは、ここだけの話ということで是非によろしく(笑)
  1. SMAP
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
『いま、会いにゆきます』 :: 2004/11/11(Thu)

観てきた。

感想は感想は、うーーーん、上手くでてこない。
本で先に感動しちゃったからな。ま、いっか。
原作そのままをスクリーンに映し出してくれたことに、まず、感謝。
原作読んだ時に心にぐっときた台詞が、言う人は異なれどしっかりそのまま出してくれたことにも、感謝。
製作者さんたちが原作を愛していることがしみじみ感じられる作品でした。


次は『笑の大学』か、『2046』か。
その後にすぐ『誰にでも秘密がある』が待っているからな。
けど、今日始まる前にハウルの予告を観たら、これが一番観たくなっちゃったなあ。
ハウル、いいねえ。
木村拓哉の声に胸キュン(死語)しちゃいましたよ。
『ハウルの動く城』公開楽しみ~。


レディースデーを目指していたらいつまで経っても観られないことが判ったので、もう、すっぱり諦めて、ぽつんと時間が空いた時に観に行こうと決めました。
観れる時に観とかんと。
ちなみに、今日は木曜日。カップルデー(カップルだと1000円)だってさ。ちっ。
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
本日は『いいとも』をチェックする日 :: 2004/11/09(Tue)

切った切ったー。
わーい、黒髪だー。
裾金なくなってるー。
素敵素敵ー。
でもな~んか若いー。
違和感ー(え)

と、喜んでるんだか微妙なんだかどっちなんだか。
だって。だってだってだってなんだもん。
中居さんならどんなんでも好きなんですもんっ(ぽ)


ちなみに、今日は『いいとも』を録画しましたが、
私が『いいとも』を録画する時とはどんな時か、と言うと。

右手中指手術したとか、包帯が取れたとか、
ライブツアーが始まったとか、
始まったらお顔が真っ黒焦げだったとか、
自分がライブ行ったらその後の確認だとか、
ライブオーラスのその後の確認だとか、
風邪ひいてたりしたら、治ったかなあ?とか、
髪を切ったとか、
ドラマ撮影入って髪切った(お?)とか、

ざっと、まあ、そんな時です。

ちゃんとお勉強してるかな?うちのひろちゃんは。
てな感じのいわば不定期な授業参観ですかね。
あ、違う、違う。
ちゃんとお勉強してるのは別にどうでもいいんだ(え)
なんかやらかして先生に呼び出しくらって、エエエッうちのひろちゃんな~にをやらかしましたかっ!(母興味津々)
…てな感じか。うんうん、そんな感じだ。
や、違うかも。なんか違ってきた。うーーー例えって難しいっ。(なら例えるな)
まあ、とにかく、生放送てスバラシイですね。ハイ。

*****

そうそう、昨日のスマスマも。
ひろちゃんが野球野球てとっても幸せそうだったのでわたしゃも幸せでした。
木村くんとのキャッチボール話も。
想像したらニヘラ~~~と顔が緩んでくるぐらい、しゃーわせになりました。ごち。
  1. SMAP
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
スキマスイッチ :: 2004/11/08(Mon)

夏雲ノイズ
夏雲ノイズ
スキマスイッチ

ここ数日で急激に彼らのファンになりつつあります。
ラジオで聴いて、一目惚れならぬ一耳惚れをしたのが、このアルバムの中の『奏』という曲。
びびびと来たよ(by聖子ちゃん)(←古)
びびびと来て、アーティストの名前を耳ダンボにしてチェックしたら「スキマスイッチ」と。
ん?どこかで聞いたぞ?その名前。
と思ったら、日参している大好きなサイトさんで以前に紹介(?)されていたりして。
もうね、そのパターンは私には決定的です。
陥ちます。確実に。単純だから。

でも嬉しいなあ。好きなものがまた増えたよ。
けど当然のようにライブチケットはソールドアウトだったよ。
せっかく近くでやるってのにぃ。
ついでに欲求不満も一つ増えちゃったよ。とほほ。
  1. Music
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ひろちゃん :: 2004/11/08(Mon)

それって、抱き枕のことじゃあ…(@増刊号)

「イルカとか鯨の形をして」て、
「肌触りがいい」

と言ったら、もう、それしか思い浮かびません。
て言うか、抱き枕じゃなくてもそれは既にクッションの類ではなく、
ヌイグルミだよ。
どうしよう。イルカや鯨のヌイグルミに包まれて眠りにつくひろちゃん(32)
想像できて、恐い。
…そして、

かわゆい。ラブ。(←バカ)



今月は忙しかとです。
観たい映画がたくさんあっとに、観る暇がなかとです。
しかも、どれも、うちの近くの映画館ではやっとらんっち、車で40分かけて行かんと観れんとです。
えせ博多弁ですまんとです。少々やさぐれとりますけん、勘弁。
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
木村さんへ :: 2004/11/02(Tue)

未来少年コナン 1
未来少年コナン 1

http://www.nippon-animation.co.jp/new/title/conan/index.html

木村拓哉さ~ん、11月4日から教育テレビで再放送だそうですよ~~~~!

や、知らないけど。
多分、あの人は、好きでしょう(笑)
私は大好き。
これ、1978年放送なんだってね。
全然古さを感じないんだけど。
いや、むしろ、今見るべきまさに"時"のものかも。

とりあえず、私自身の覚書きと、
少年のようにアニメを熱く語るウザ~イ木村拓哉が大好きな私から彼へのお知らせでした。
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
『SMAP×SMAP特別編TRUE LAUGH~ホントにあった笑の話~』 :: 2004/11/01(Mon)

笑いには太陽系と月系がある。
自分が輝く太陽系と、人を輝かすことができる月系。
タモさんはどっちにでもなれる人。

…なんだそうだ。
なるほど。普段の「いいとも」と「秋祭・春祭」の顔が違うわけだ。
一緒にいる中居さんはその点でまさに月系だからだね。
月系は二人もいらないから。
中居さんは、徹底して月系でいる人。
常に二番手になって相手を、周りにいる人を、輝かせる人。

好きっす。そういう人。


……ハッ?
そういえば、SMAPは確かお笑いではなかったですかね。
アイドルでした、そうでしたそうでした(笑)


ハリセンお願いしときながら「顔はやめて、商売道具だから」言うてるゴロさんも、
結局頭叩かれて大事な大事な御髪が乱れちゃったら、頭突き出して
「直してください」
(って、エエエ~ッ)言うてるゴロさんも、やっぱり好き好きっす(笑)
  1. SMAP
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
これだ!明日だ! :: 2004/11/01(Mon)

ラヴレター(初回)
ラヴレター(初回)
DREAMS COME TRUE

【初回限定盤のみ】
★『はじまりの la』LIVE映像を収録したDVD付
★Honda Odyssey presents DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2005 "DIAMOND15"
チケット特別先行購入に申込めるシリアルナンバー付
(ただし、チケット確保枚数を超えた場合は抽選となりますので、ご了承下さい)


コンサート、行きたいにゃ~。
けど、FC入るのはどうもにゃ~。

な~んて言ってると、見事にどっこにも行けないもんだね、ほんとに。

とりあえず、これだ!希望の光だ!!(オオゲサ)


(保留項目:サザンオールスターズ、福山雅治&パク・ヨンハ(←とうとうやるのか!コンサート!))
  1. Music
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
「僕らは、笑顔で」 :: 2004/11/01(Mon)

まあいろいろあるけど。

「僕らは、笑顔で」


って。慎吾ちゃん、スマステ4の冒頭で言ってましたね。
私もその精神で行こうと思います。
身近でも身近でない所でも次から次へと事件が起こり、ストレスで自分が壊れそうになってましたけど(ちょっとだけ)、今日になったら何かこう、吹っ切れました。
決して、感覚を麻痺させたり鈍感にならせたいとは思いませんが、自分にはどうにもならないことでいちいち翻弄させられるのはやめよう。
ってね。
月も変わったことだし、考えを新たに「笑顔で」、
頑張っていこうかね。いくしかないかね? ね、慎吾ちゃん♪

いや、けど、どうなるのかねえ。
これはドラマ?フィクション?ってなことが起こってますよ。
今。超~~~身近で(笑)(←笑うとけ笑うとけ)
ま、なるようになれだ。ケッセラセラ~~~~~♪
  1. つれづれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
『新選組』 :: 2004/11/01(Mon)

昨日は初めてしっかり『新選組』を見ました。
母は最初からはまっていて、8時からの総合も10時からのBSのももしかしたら土曜お昼からの再放送も、全部見ているような人なので、この人はこうでああでね、と解説してもらいながら見ました。
て言っても、夢中になると他が目に入らなくなって人のことなんてどうでもよくなる、まさに「この親にしてこの子あり(逆か?)」な人なので、全然役立ちませんでしたけど。
まあ、お互い様ですから、いいですけどね。
ちなみに、彼女は慎吾ちゃんベタ褒めです。
回を追うごとに演技が上手くなっていると言ってます。
何かって言うと「慎吾ちゃん慎吾ちゃん」言ってます。
いい親だ。(言ってることがさっきと違うぞ)

と言うことで、最初から最後まで見たわけですが。
いや~、泣きましたね~。
なんで?どうして?どうしてこうなっちゃうの~~~~~?
と、やるせなくて悔しくてたまりませんでした。
登場人物も話も流れも何も全く知らないのに、画面から伝わってくるものがあって号泣でした。
伊東先生、あ、なんて役者さんだっけ。
近藤勇と対峙して話している時、表情の変化で心の動きを表しているのが、むぉーーーーー!って叫びたくなるくらい素晴らしくて感動しました。
そして平助役の人も。最期を迎えた時のあの表情がまたたまりませんでした。
今更ながら『新選組』って素晴らしい役者さんたちばかりが揃っていたのですね。
と言うか、あのドラマ自体に何か彼らを動かす強い力があるのでしょうか。
……って。
1年近くも経って初めて見た人が語っちゃあいかんですかね。
  1. 新選組!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。