Let It Be




「また明日」 :: 2010/12/11(Sat)

Q10よかった…。

これはしばらく引きずりそうな気がする…。
  1. Drama
  2. | comment:0
Mother :: 2010/06/23(Wed)

うっかりさん、本当に秘密を墓場まで持っていきましたね。

「人生には一日あればいい。
 大事な一日があれば、それで十分」


「素敵なお芝居の切符を持っている」


ひとはたった一日の幸せだけで生きていける。
大事なものが一つあるだけで幸せになれる。
人生の最期に見る素敵なお芝居のような走馬灯を楽しみに、生きていけるんだ。
  1. Drama
  2. | comment:0
今期ドラマ :: 2010/05/13(Thu)

「月の恋人」。何はともあれリン・チーリン、かわいすぎですね。
しゃっちょさんたら、そうやってかわいいからって若い子青田買いしちゃってからにーもーー。
と思ったら、なんと、リン・チーリンちゃん、さんじゅうごさい!ビックリ!
なんであんなに魅力的なんだあのこ・・・。
そりゃしゃっちょさんもメロメロになるわよな。

篠原涼子ちゃんも北川景子ちゃんもかわええし。
おんなっこがかわええドラマはいける!絶対!
と、まだよくわかんないけど、とりあえず、こんな感想で終わり。


今見ているドラマはこれと「新参者」と「Mother」です。
「Mother」第一話。ゴミ袋のくだりは、衝撃的で頭が変になるかと思うぐらい泣きました。
「新参者」は原作も読みましたが、うーーーん、じれったいね(笑)
せっかちーさん(わたしだ)には向いてないかもしれん。…と言いつつ見てますが。
あと、終わっちゃったけど、同じく原作を読んでから見た「八日目の蝉」。
こーれは、珍しく、原作を読むより映像で見た方が断然良かったパターンでした。
そんでもって改めて気付いた!ゴローちゃん(岸谷の方)カッケー!
昔「この愛に生きて」をやってる頃、急激に主婦のファンが増えた言うてましたけど、ゴローちゃん、いまだに現役でしょ!このこのー!
あの時も今もすっかりメロメロにさせやがって!あの時も今も主婦違いますけど!(笑)
  1. Drama
  2. | comment:0
漢方胃腸薬 :: 2009/10/31(Sat)

そうだ、思い出した。

今こっちでロンバケが再放送されていましてね。
ただいま、こちらを何より優先視聴しとります。
で。第2話のラスト。結婚式当日とんずらしたかの相手からよりによって「結婚しました」ハガキが届き、それを人がいい瀬名くんが飲み込んじゃうあのシーンですが、あれは名シーンですよね!メイさん!(と書こうとしたら“メイ”シーンて変換された!←だから?)
これだけ、言いたかったの。ああ、スッキリ…(だったらコメントしろって話)

でも、あの飲み込んじゃった後、オイオイと子供のように泣きじゃくる南をよそに、おもむろに漢方胃腸薬を飲み出すんですよね、瀬名くん。そんで「何やってんのよ~(泣)」と南ちゃんが聞いたら、「ハガキ食べたの初めてだから、飲んでおこうと思って(胃腸薬)」って言うのよ。そこまででセットで名シーンなのに!なんでそこカットするかな~!フジテレビ~!と怒り心頭だったんですが、その続きのシーンは次の回のシーンだったのね…。すみません、ちゃ~んとありました(笑)
この台詞もそうですが、隅から隅までここで次何を言うかってところまで覚えてる自分が怖くなりました(笑)
この現象は、あれだ、中居ドラマを別にしたら、冬のソナタとロンバケだけだ(笑)
ロンバケは名シーン、名台詞、てんこ盛りだからなあ。これからも楽しみに観ますよ。
南さんがかわいくて、瀬名くんがいい人で、あの二人が一緒にいる空気が愛しくて。ああロンバケ大好き~。




余計な話ですが、ロンバケ、本放送で観てなかったんですよね~。
友達はほとんどみんな見てて、その後のスマスマもだから月曜日は忙しそうだったなあ(笑)
夏に、花火しながらロンバケごっこをしたのを鮮明に覚えてる(なにロンバケごっこって)

あの時、な~んで観てなかったんだろうなあ。スマスマも含めて…。
全然思い出せないんですけど。
あそこで観てたらまた違ってたんだろうか?
あ、いや、再放送で結局すぐ観れたのに、すまっぷには行かなかったからな。ごめんよ、瀬名(の中の人)
やっぱり、わたしは金八で健次郎に出会っていなければ、今ここにこうしていなかったんだよ。
木村拓哉より風間俊介なんだよ。この二人を並べていいものなのか、ちと疑問だけど(ん?大事な人をお忘れでは?)
かざまといえば、この夏はライブもなくて暇だったんですが。暇な時に限ってあの子も暇なんですね?(笑)
舞台とか舞台とか舞台とか、あったら絶対行ったのにー。もー。何やってるんだよあいつはー。
って、言ってたら、ボチボチお仕事も出てきたみたいで。良かった良かった。
まあ、わたしが参戦するかどうかはまた微妙なお仕事みたいですけれども…(笑)。ま、頑張りたまえ。
  1. Drama
  2. | comment:1
あの :: 2009/09/18(Fri)

カッコイイ極道兼ヘルパーさんにはどこに行けば会えますか?



『任侠ヘルパー』
くさなぎつよしがかっこよくてかっこよくて、
かっこよくてかっこよくて、
かっこよくてかっこよくて、
それで終始したドラマだった…。

弱きを助け強きをくじく。
真の任侠道を貫く男。
まさに男の中の男。
第一話。殴られボコボコになった時、砂まみれの中で健気に咲いている小さな花を見つめ微笑みながら、「本物の極道になりなかった…」と呟いていた彦一。
そんな本物の極道に、なれたじゃないですか。
もうとっくに、なっていたじゃないですか。
介護という難しい現実に、まるで、そう、あの砂まみれの中健気に咲いていた小さな花のように、あなたは存在していた。
そんなフェアリーテールを、おとぎ話を、三ヶ月間楽しませていただきました。ありがとう。



それにしても。

くさなぎさん、あなたそんなに色っぺかったっけ?(笑)
  1. Drama
  2. | comment:0
桃がウマイ。 :: 2009/07/25(Sat)

「子供に甘えないでください」
「こんなちっちゃい手でお母さんを支えられるわけないじゃないですか」
「チカちゃんを子供に戻してあげてください」


『赤鼻のセンセイ』観てます。
神木くん目当てに(うふ)
もう「子役」なんて言っちゃいけないぐらいカッコイイ役者さんに成長されていて、オバチャンドキドキしまくり。
彼の憂いを含んだ表情、背中で語る哀愁。
冷たい目の奥底に秘めた優しさ、熱い思い。
そして赤鼻センセイいわく、「ツンデレ」(笑)
わたしが大好きな要素てんこもりじゃないですか!
神木くんの一瞬一瞬の表情佇まいすべてを見逃すまいと真剣に観ております。
ああ神木くん、仰天に番宣にこないかなあ…。
中居さんと懐かしのご対面を果たして欲しい。
今でも「尊敬する人は中居ちゃん」って言ってくれてんのかしら?あの子。

すまことの共演といったら、そういや先回はすまこ共演子役陣揃い踏みで。
神木くん須賀健太くんに加えて雫登場。
いやん、ここにチビひでお(斎藤隆成くん)入れてあげて~ってね。
それと、凛ちゃんか。と、あとは、チビ与六(←違)
…は、まだ共演ホヤホヤだから、もうちょっと後のほうが価値が上がりますかね(←何の)



まあそんなことは置いといて。↑の台詞ですが。
親が子供に甘える?そーだそーだ!と。
子供が親に心配をかけるのは当たり前。世話をかけるのも当たり前。子供が親に甘えるのも、親を求めるのも当たり前。
それを、うちの子は聞き分けがいい子だからそんな子供じみたような真似はしないと。
いえいえ、間違えないでください。「子供」ですから。
見てあげてください。その不安そうな顔を。
聞いてあげてください。アナタを求める心の声を。
子供は子供です。決して「ちっちゃな大人」に仕立てないでください。
そう言葉にしてくれたシルク先生に拍手ですよ。
ずっとこらえていた涙がとめどなく溢れる雫(←違う)を見ながら、オバチャンもわーわー泣いてました。
  1. Drama
  2. | comment:1