Let It Be




砂の器 第7話「絶対に隠したい秘密」~その2 :: 2009/02/26(Thu)

以下、第7話レビュー、続きです。
『砂の器』で一番好きな場面……かも?(←キイナふう)
  1. 砂の器
  2. | comment:4
砂の器 第7話「絶対に隠したい秘密」~その1 :: 2009/02/26(Thu)

ではでは、『砂の器』第7話に行きま~す。以下雑感。
  1. 砂の器
  2. | comment:0
砂の器 第6話「迫り近づく刑事の影」~その4 :: 2009/02/20(Fri)

第6話レビュー、これで終了です。
  1. 砂の器
  2. | comment:2
砂の器 第6話「迫り近づく刑事の影」~その3 :: 2009/02/20(Fri)

引き続き、第6話レビューです。
  1. 砂の器
  2. | comment:0
砂の器 第6話「迫り近づく刑事の影」~その2 :: 2009/02/19(Thu)

『砂の器』を見始まると他が何も手に付かなくなります。
いいともも仰天も見ておりません。キイナも忘れた。天地人もいつのまにか脱落した(子役時代が面白かった)。あ、でも、トライアングルは見ました。
そうだ。トライアングルだ。志摩野さんだ。堺雅人だ。
先週堺雅人の一挙手一投足に失礼ながら役者中居正広の面影を追うことになり、その延長上で『砂の器』のDVDに手が出てしまうことになったんだった。すべてはここからだったんだ。
そんな堺雅人さんは、あっけなくお役目終了となってしまった…ああ。
もうねえ。最後の最後まで力なく微笑むさまがねえ、「もういいから。無理しないでいいから」って言いたくなっちゃうような、母性心をくすぐられるようなたまらん気持ちにさせられましたわね、私は。
それに、な~んであんなの飲んじゃったんだろうね。まあ、狙われたのは郷田ということらしいですけど、志摩野自身だっていつ命を狙われるか分からんような状況じゃない。あの人のことだから、いま自分がどんな状況かを考えたら、部屋に置いてある飲み物だってすべて疑ってかかりそうなもんですけどね。それなのにああやって飲んじゃったってことは、もう、すべてを終わりにしてもいいかなって思ってたんじゃないかなって。だってサチに対して投げかけたあの言葉も、なんだかこれから最期の時を迎えようとする人の台詞でしたもんね。
って、あれ?いつのまにかトライアングルの話になってしまった。
ああ、もう堺雅人に逢えないのかと思うと悲しくてたまりませんよ。
っていうか、その思いをすべて和賀ちゃんに投影してなんとかしのごうと思います(って言い訳言い訳)

さて、第6話レビュー、続きです。
  1. 砂の器
  2. | comment:0
砂の器 第6話「迫り近づく刑事の影」~その1 :: 2009/02/19(Thu)

さあ、何事もなかったかのように、『砂の器』レビュー再開です(笑)
どこまで続くか、はたして最終章まで行き着くのか、ていうよりそもそもレビューを再開できるのか、自分でもまったく先行き不透明だったんでレビューを書き始まるまでしばらく黙っていようと思っていたんですが、実は先週ぐらいから久々に『砂の器』を見始まったところでして。
まあ、見ちゃったら最後、あっという間に砂の器の世界に引き戻されましたけどね。
『白い影』はそれこそ回数にしたら相当な頻度見てますが、でもちょっと見るだけで満足できるんですけど、『砂の器』は見始まったら最後止まらない。それはそれは、麻薬のように怖ろしいドラマです(笑)
てことで、ちょうど去年の今頃の時期に『砂の器』ブームが到来したんで、そういう季節なんだなということで。そして、そうこうしているうちに次のドラマも始まっちまいますんでせめてその前に、ということで。
とにもかくにも『砂の器』レビュー再開です。
あの時も今も同じく「今更?」なシロモノですが、よかったら読んでやってください。

では、以下、第6話レビューです。その1(笑)です。
(今回はまさか大丈夫だろうと思っていたのに、やっぱりコンパクトに終わらんかった!なぜだ!)
  1. 砂の器
  2. | comment:0